> > > モロッコの乾いた砂漠で生まれた料理、じつは「キャンプの旅」にぴったり

, | アフリカ,グルメ,モロッコ,観光

モロッコの乾いた砂漠で生まれた料理、じつは「キャンプの旅」にぴったり

Sep 18th, 2013

キャンパーにおすすめな「タジン」料理

砂漠が広がるモロッコで生まれた料理、「タジン」。
モロッコは水が少ない地域で、少ない水分でも調理できるという国ならではの特徴から「タジン鍋」を使った「タジン料理」が生まれました。

キャンプの旅におすすめ!モロッコの乾いた砂漠で生まれた料理
(モロッコ料理のおふくろの味、ポテトとチキンのタジンは、まるで日本の肉じゃがのよう)
[flickr]

「タジン鍋」は、三角帽子のような蓋が付いており、穴は一切空いていません。下皿は、日本人の鍋の感覚では少々平べったい印象。蓋をした鍋の内部で煮物がグツグツと煮立つと、水蒸気が鍋の蓋いっぱいに広がりますが、円錐形なので水蒸気が鍋の蓋を伝ってまた降りてきます。これで、水を足さずに、料理ができるというわけです。

最近では、このタジンという煮物を作る専用の鍋である「タジン鍋」を日本でもよく見かけます。特に日本でも、キャンピングカーなどで旅をしたり、キャンプをするひとには、水をあまり使わずにすむ、この「タジン鍋」はおすすめです!

キャンプの旅におすすめ!モロッコの乾いた砂漠で生まれた料理
(本場モロッコのタジン鍋。デザインもカラーも豊富)
[flickr]

さて、このタジンの具でもっとも定番なのは、トマト、玉ねぎ、じゃがいも、鶏肉だそう。羊肉は高価なので、鶏肉のほうが使われることが多いとか。タジンはモロッコ料理の中でも、家庭料理なので、高級な具は基本的には使わないのです。他の具は、チキンと塩漬けレモンのタジン、肉団子の入ったトマトソースのケフタタジンなどが定番。
キャンプの旅におすすめ!モロッコの乾いた砂漠で生まれた料理
(ミートボール入りのタジン)
[flickr]

石原亜香利

, | アフリカ,グルメ,モロッコ,観光


気になる国の記事を検索!