> > > 日本神話を巡る、宮崎県・高千穂探訪

,,, | 九州・沖縄,宮崎県,観光

日本神話を巡る、宮崎県・高千穂探訪

Sep 29th, 2013

天岩戸をおまつりする神社

伊勢神宮と出雲大社がともに式年遷宮を迎える2013年。神社めぐりをしていると、日本の神話にも興味を持つ人は多いのではないでしょうか。そこで、今回は宮崎県の高千穂町にある、「古事記」の舞台になった場所を紹介します。

日本神話を巡る、宮崎県・高千穂探訪

まずは、言わずと知れた「天岩戸神社」。
古事記のなかでは、アマテラスオオミカミが、弟のスサノオノミコトの乱暴な振る舞いに腹を立て、「天岩戸」にこもってしまう逸話がありますが、その「天岩戸」をご神体とするのがこの神社です。

社務所で受付をし、お祓いを受けた後に神職の方に案内してもらいながら、天岩戸を見学することができます。
といっても、天岩戸の中に入ることができるわけではありません。川を挟んで対岸にある洞窟の入口を、眺めるような形で見学できます。

古事記を題材にした神楽を観る


日本神話を巡る、宮崎県・高千穂探訪

2つ目は、高千穂の夜神楽です。
高千穂町では、毎年11月中旬から翌年2月上旬にかけて、民家や公民館などで夜を徹して33番の神楽を奉納する伝統があり、国の重要無形文化財に指定されています。

神楽の内容は、古事記がモチーフ。
天岩戸の前で踊るアメノウズメノミコトのエピソードや、イザナギ・イザナミの国造りの様子などが演じられます。
なお、このシーズンに訪れなくても、高千穂神社へ行けば「高千穂神楽」として、毎晩夜神楽のダイジェスト版が上演されています。中には吹き出してしまうようなお笑い系の演目もあるので要チェックです。

今井明子

,,, | 九州・沖縄,宮崎県,観光


気になる国の記事を検索!