> > > カツオの旅!高知で楽しむ、秋の戻りカツオ

,, | グルメ,四国,高知県

カツオの旅!高知で楽しむ、秋の戻りカツオ

Sep 30th, 2013

秋の戻りカツオ、スーパーにはないおいしさを求めて


スーパーには「新鮮」「今が旬」なんて書いてあるカツオが並ぶけど、食べるとどうも生臭くて、最近は買い控え気味です。でも、「高知のカツオは生臭くない。とくに自分で焼いたタタキは本当においしかった」との話を聞き、「同じ魚でそんなに違うの?」と半信半疑になりつつも、高知へ行くことにしました。

また、高知では年中カツオを楽しめるようですが、春と秋がシーズンとのこと。今は、秋の戻りカツオで脂がのったカツオを堪能できるようです。

「焼きすぎでは?」と思うくらいガンガンに焼く


桂浜から車で5分くらいのところに『土佐タタキ道場』というカツオの藁焼き体験ができる店があります。桂浜で一応「日本の夜明けは近いぜよ」とつぶやき、申し訳程度に坂本龍馬像と写真を撮った後、本日のメインスポット『土佐タタキ道場』へ。店はいくつかの飲食店や土産物屋が集まる場所にあるため、駐車場も広いのが利点です。入ると店の人が手際よく説明してくれるので、体験ものにありがちな面倒臭さや、「次はどうすればいいの?」感もありません。あれよあれよという間に店の奥に通され、気がつくとカツオを刺した串を持ち、炎の前に立っていました。

カツオの旅!高知で楽しむ、秋の戻りカツオ

「焼きすぎでは?」というくらい時間をかけ、「焦げすぎでは?」というくらい強い火で焼くので、失敗ではないかとドキドキ。でも、そのあと店の人にカツオを切ってもらうと鮮やかな赤い断面が見え、しっかりタタキになっていたので、ほっとひと安心。ご飯とみそ汁などが置かれたお盆にたっぷり1人前のカツオを盛った皿がのせられます。

KUBO

,, | グルメ,四国,高知県


気になる国の記事を検索!