> > > 「庶民の足」アジアの面白い乗り物たち

,,, | アジア,インドネシア,フィリピン,旅のハウツー

「庶民の足」アジアの面白い乗り物たち

Oct 3rd, 2013

日本でも昔は、ちょっとした移動で使われていた人力車。そんな人力車に近い乗り物が、現在でもアジア諸国ではたくさんあります。それも、とてもユニークなものばかり。今回は、フィリピンと、インドネシアのジョグジャカルタで出会える、ちょっと変わった面白い乗り物をご紹介します。

「庶民の足」アジアの面白い乗り物たち
[flickr]

フィリピンの面白い乗り物

 

■トライシクル

「庶民の足」アジアの面白い乗り物たち

ミニトラックのような屋根付きのサイドカーに、小型バイクを横に取り付けた乗り物です。ドライバー部分が横についているので、少々違和感がありますが、フィリピンでは立派な庶民の重要な足。地元民は、このトライシクルに一度に5~6人で乗ることもあるというから驚きです。バイクの後ろに1人座り、屋根のある乗客席に2~3人、屋根のない荷台部分に2~3人乗るのだそうですよ。

 

■ジープニー

「庶民の足」アジアの面白い乗り物たち
元々はフィリピンに駐留していたアメリカ軍が使っていたジープを改造し、乗合バスにしたものだそうです。この縦長の車に10~15人ほどの人が乗り合います。トライシクルと並んでフィリピンの地元民の重要な足として活躍中。乗合さえ気にならなければ、快適に目的地にたどりつけます。

石原亜香利

,,, | アジア,インドネシア,フィリピン,旅のハウツー


気になる国の記事を検索!