> > > マヤ先住民伝統の美しい青紫花刺繍とシューズのコラボ

,,, | グッズ,ショッピング,メキシコ,中南米・カリブ,観光

マヤ先住民伝統の美しい青紫花刺繍とシューズのコラボ

Oct 10th, 2013

メキシコシティのデパートのシューズ売り場を覗いていたら、独特な存在感を放つ刺繍を施したいくつかのパンプスやブーツが目に留まりました。

マヤ先住民伝統の美しい青紫花刺繍とシューズのコラボ

デパートのシューズ売り場で異彩を放つ靴

よく見ると、それはチアパス州のマヤ系先住民ツォツィル族の村、シナカンタン特産の青紫の花刺繍ではありませんか。 シナカンタンはメキシコ最南端のグアテマラとの国境にあるチアパス州の古都、サンクリストバル・デ・ラス・カサスから18kmほどの場所にある小さな村。花の生産がさかんなことから、村の人々は、いつしか花の刺繍が全面に施された衣装を身に着けるようになりました。 青、紫をベースにした美しく精密な花の刺繍は、村の女性たちが行っています。母から娘へ、というふうに世代から世代へ受け継がれて行るのです。昔は手で刺繍されていたものも、現在はミシンで刺繍するのがメインになっていますが、その神秘的な色合いやデザインは、唯一無比。多くの人々を魅了しています。

そんなシナカンタンの女性職人たちと、メキシコのシューズメーカー、ディオネがコラボレーションしたモデル『CHIAPAS(チアパス)』が、2013年9月に発売されました。シューズやバッグなど限定1000製品でシリアル番号がついています。

マヤ先住民伝統の美しい青紫花刺繍とシューズのコラボ
ディオネのチアパスモデルのカタログ

Miho Nagaya

,,, | グッズ,ショッピング,メキシコ,中南米・カリブ,観光


気になる国の記事を検索!