> > > ニューヨークのグラフィティのメッカ「5 Pointz」が失われた日

,, | アメリカ,北アメリカ,観光

ニューヨークのグラフィティのメッカ「5 Pointz」が失われた日

Dec 3rd, 2013

ニューヨークといえば、グラフィティ(落書き)。
世界中のグラフィティ・アーティストが集結して、腕を振るったファイブ・ポインツ(5 Pointz)が、2013年末に取り壊され、高級コンドミニアムに建て替えられます。
もともとは工場・倉庫だった200,000スクエア・フィート(19,000 m²)の壁には、常にストリート・アートのヒップなグラフィティが描かれていました。

ニューヨークのグラフィティのメッカ「5 Poinz」が失われた日
スプレー缶によって描かれたグラフィティ

グラフィティのメッカ5Pointzで、自己表現するのは、Aerosol Artist(スプレー缶を使って描くアーティスト)の夢。世界各地のアーティストがこの地を目指し、オーディションを通った優秀なアーティストのみ描くことを許されました。前のグラフィティを白に塗り戻し、その上に描くことも条件でした。単なる落書きではなく、決まりがあったのです。

ニューヨークのグラフィティのメッカ「5 Poinz」が失われた日
5Pointzの正面側

とんねるずの木梨憲武さんの番組収録に遭遇したことも。MOMA(近代美術館)の分館PS1が近くにあります。

ニューヨークのグラフィティのメッカ「5 Poinz」が失われた日

ニューヨークのグラフィティのメッカ「5 Poinz」が失われた日
5Pointzの背面側

青山 沙羅

,, | アメリカ,北アメリカ,観光


気になる国の記事を検索!