> > 路地が罠に?!大富豪たちが住んだ街、ブルガリア「プロブティフ」

,,, | 旅のハウツー,観光

路地が罠に?!大富豪たちが住んだ街、ブルガリア「プロブティフ」

Dec 7th, 2013

路地が罠に?!想像力豊かな町「プロブティフ」

ブルガリアで2番目に大きな都市、プロブティフ。
古代から続く、その時代時代の建物がきちんと残され、現代の風景に見事に溶け込んでいます。

路地が罠に?!想像力豊かな町「プロブティフ」

経済の重要な拠点であったプロブティフでは、裕福な商人たちが先を争い、想像力を振り絞って華やかな豪邸を建てました。それらの数々は現在も住宅や博物館として利用されています。

路地が罠に?!想像力豊かな町「プロブティフ」

路地が罠に?!想像力豊かな町「プロブティフ」
©dinosmichail / Shutterstock.com

「プロブディフ家屋」という建築史用語にもなった、2階・3階が突き出た建築は、部屋数を増やすための知恵。町のあちこちで見ることができます。

罠と呼ばれる路地は、敵の侵入を阻むためのもの。美しい建築物に見惚れながら、誘われるままにすすんで迷子になるのも面白そう。

現代でも公演が開催される古代劇場


路地が罠に?!想像力豊かな町「プロブティフ」

ロケーション抜群の円形劇場は、世界で最も保存状態がいい古代劇場のひとつだとか。
なんと7000人も収容できます。

古代から、こんな素敵な場所でそんなに多くの人が観劇していたとは、なんて素敵な町なんだろうと思ってしまいます。

山口彩

,,, | 旅のハウツー,観光


気になる国の記事を検索!