> > 「思わず作っちゃいました!」の多い世界各国のパン5種

,,, | グルメ,旅のハウツー

「思わず作っちゃいました!」の多い世界各国のパン5種

Dec 10th, 2013

ナンやフォカッチャなど、世界のパンは日本でも親しまれています。中でも、人気のものは日本でもよく手作りされているようです。では日本では、いったいどんな世界のパンが家庭で多く手作りされているのでしょうか。そこで、巨大なレシピサイト「クックパッド」を参考に、特にレシピを作った人の数(「つくれぽ(みんなのつくりましたフォトレポート)」)の多かった世界のパンをご紹介します。

ナン(インド・その他)

「思わず作っちゃいました!」の多い世界各国のパン5種

日本では「インドカレーにはナン」というイメージが定着し、親しまれています。しかし、ナンはインドだけでなく、パキスタンや中央アジアのタジキスタン、中国新疆ウイグル自治区、ウズベキスタン、アフガニスタン、イラン、クルディスタンなど広い地域で食べられているのです。
日本では薄い三角形の形が定番ですが、実はこの形状はインドのみで、他の国では円形だったり、ベーグル型だったりします。

■材料は?
基本的には小麦粉と塩、水、酵母で作られます。ヨーグルトが入ることも多いようですね。
特にインドでは、薄く平べったく伸ばした生地を、タンドゥールと呼ばれる窯の内壁に貼り付けて焼く方法が有名です。

■こうやって食べられている!
ナンというと、インド人の主食というイメージがありますが、実際はタンドゥールという特殊な釜のある家庭は少ないため、あまり作られないそうです。多く作られるのは、むしろチャパティという薄い円形のパンだそうです。インドの人たちも日本人と同様、ナンはレストランで食べているそうですよ。これは意外ですね!

石原亜香利

,,, | グルメ,旅のハウツー


気になる国の記事を検索!