> > 【かめカメラ】ウミガメ写真家が綴る、ウミガメの旅コラム ー第3回

,,,, | 旅のハウツー

【かめカメラ】ウミガメ写真家が綴る、ウミガメの旅コラム ー第3回

Dec 14th, 2013

【かめカメラ】ウミガメ写真家が綴る、ウミガメの旅コラム ー第3回

第3回「カメーランド」


「昔し、昔し、浦島は、助けたカメに連れられてー、竜宮城へ行ってみれば・・・」

「嗚呼、竜宮城に行きたい。」しみじみと嘆いてしまう。何しろ、鯛や平目が舞い踊り、時間も忘れてしまうほど楽しいところなのだから。「来週の休みはカメーランド(竜宮城)に行こう。」なんて言ってみたいものだ。そうそう、これからは龍宮城のことを現代のネズミーランド(ディズニーランド)ならぬカメーランドと呼ぼうと思う。シンデレラ城はまさしく竜宮城、カメデレラ城である。

待てよ、楽しいのはいいけれど、帰りに「絶対に開けてはいけない」と乙姫様に言われ「たまて箱」もらうのだった。開けてはいけない、と言って人にモノを渡すなんて、乙姫様は意地悪な方である。しかし、太郎がその蓋を開ける時の気持ちを想うと、ドキドキ、ワクワクだ。まだその時は歳をとる煙が出てくるなんて知らず、もしかしたら幸せになる何か、が入っているかもしれないのだから。

この浦島太郎伝説は日本書紀、万葉集にも記述があるほど古い古いお話。明治になって小学校歌として日本人なら誰もが知っている冒頭の歌が作られたようだが、本来は官能的描写が多い、というのはあまり知られていない。

久米 満晴

,,,, | 旅のハウツー


気になる国の記事を検索!