> > 歩行者よりサイクリストが優先されるオランダ社会

,,,, | 旅のハウツー

歩行者よりサイクリストが優先されるオランダ社会

Jan 5th, 2014

歩行者よりサイクリストが優先されるオランダ社会

自転車王国、オランダ。この国では、歩行者よりサイクリストを優先するという考えが定着しています。気候変動の影響を受けやすい国土の特徴を持つことや、自転車を利用しやすい平坦な地形であることなど、自転車利用を受け入れやすい環境が整っていたことを背景に、自転車優先の交通体系が構築されたと考えられています。

日本でも、2013年12月1日から改正道路交通法が施行され、自転車が道路の右側にある路側帯を走ることが禁止される事になりました。違反した場合は3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金となります。自転車での通勤ブームが起こっている日本に、まさに必要とされる法律ではないでしょうか。

歩行者よりサイクリストが優先されるオランダ社会

オランダで気をつける事は、自転車道を絶対に歩かない事。歩道と段差をつけている街がほとんどなので、すぐに見分けがつきます。オランダのサイクリストは我々が思っている以上のスピードを出します。まるで自動車を運転しているかのようです。現地の人を参考にして、自転車道を絶対に歩かないようにしましょう。

歩行者よりサイクリストが優先されるオランダ社会

また、オランダでは歩行者よりサイクリストを優先するため、道路を渡りたくても止まってくれるサイクリストはあまりいません。よいタイミングを待つか、どうしても渡りたい時は手を上げて堂々と渡りましょう。実際、オランダ人はそうやって堂々と渡る人が多いです。

安全にさえ気をつければ、とっても快適で気持ちの良い、オランダの自転車社会。多くの街で自転車はレンタルできますので、ルールを守り、サイクリングを楽しんでくださいね!

Yoko

,,,, | 旅のハウツー


気になる国の記事を検索!