> > 【マーライオン トリビア】一体何匹いるの!? シンガポールのマーライオン

,,, | 旅のハウツー

【マーライオン トリビア】一体何匹いるの!? シンガポールのマーライオン

Jan 7th, 2014

シンガポールと言えばマーライオン! 人魚とライオンが合体したようなあの像です。近年では巨大観覧車「シンガポール・アイ」やカジノリゾート「マリーナベイサンズ」などの誕生によりオシャレな場所に変わりつつありますが、シンガポールといえばやっぱりマーライオン。さてこの像、実は島内にいくつあると思いますか? 答えは記事の最後でお知らせすることにしましょう。

【マーライオン トリビア】一体何匹いるの!? シンガポールのマーライオン ©Byelikova Oksana / Shutterstock.com

ところで、マーライオンとは一体どんな動物なのでしょうか? マーライオンは頭が獅子、体が魚というシンガポールの神話に由来する生き物です。その昔、スマトラのウタマ王子が海野対岸に見える島(現シンガポール)を発見、島に上陸すると獅子のような生き物が現れたため島をシンガプーラ(獅子の漁村)と名付けることにしたのだそうです。マーライオンの頭になっている「獅子」は王子が見た動物を、胴体の「魚」は海に囲まれた漁村を表しています。

シンガポールで一番古いマーライオン

さて、1972年にお披露目されたもっとも有名なマーライオンが見られるのは「マーライオンパーク」。8.6メートルとそれほど高くはありませんが、シンガポールのシンボルとなっています。

【マーライオン トリビア】一体何匹いるの!? シンガポールのマーライオン ©Neale Cousland / Shutterstock.com

sweetsholic

,,, | 旅のハウツー


気になる国の記事を検索!