> > 【31のメキシコ世界遺産から】一度は訪れたい!文化遺産&自然遺産10選

,,,,, | 旅のハウツー,観光

【31のメキシコ世界遺産から】一度は訪れたい!文化遺産&自然遺産10選

Jan 26th, 2014

先住民時代から継承する文化、伝統、歴史のあるメキシコには、ユネスコが指定する27の世界文化遺産と、4つの自然遺産があります。そのなかから、選りすぐりの10カ所を選んで紹介する記事その2です。ちなみにその1では、文化遺産に指定される古代遺跡を紹介しました。
この記事では、メキシコでぜひ訪れたい文化遺産と自然遺産を紹介します。

メキシコシティ歴史地区とソチミルコ (1987年登録)

1519年にスペインからの征服者たちが現れるまで、メキシコシティはテスココ湖に浮かぶアステカ王国の水上都市でしたが、征服後、湖は埋め立てられました。神殿は破壊され、その石材を使い、ヨーロッパ様式の建築が建てられ、現在のメキシコシティの歴史的中心地区、セントロ・イストリコの姿があります。

【31のメキシコ世界遺産から】文化遺産と自然遺産10選
重厚な石造りの建物が並ぶ中心部、セントロ地区


【31のメキシコ世界遺産から】文化遺産と自然遺産10選
メキシコシティの中心部に突如現れる古代遺跡、テンプロ・マヨール © Miho Nagaya 


そんなメキシコシティが水上都市だった頃のなごりが、メキシコシティの南部にあるソチミルコで、歴史地区とともに世界文化遺産に登録されています。



【31のメキシコ世界遺産から】文化遺産と自然遺産10選
古代を彷彿とさせるのどかな風景 © Miho Nagaya


【31のメキシコ世界遺産から】文化遺産と自然遺産10選
マリアッチ楽団の船が訪れ、ラテンらしいにぎやかさが特徴 © Miho Nagaya


【31のメキシコ世界遺産から】文化遺産と自然遺産10選
ビールを飲みながら船遊びできます © Miho Nagaya

メキシコ国立自治大学の大学都市の中央キャンパス (2007年登録)

メキシコシティ南部にある、およそ30万人の学生や教職員が通う、ラテンアメリカ最大級の大学の中央キャンパス。優れた都市計画により、世界文化遺産に登録されています。ファン・オゴルマンによる世界最大のタイル壁画や、シケイロスやディエゴ・リベラといったメキシコの巨匠画家の壁画を堪能できるのも魅力。


【31のメキシコ世界遺産から】文化遺産と自然遺産10選
ファン・オゴルマンによる世界最大のタイル壁画はメキシコの過去から現在までを表現 © Miho Nagaya


ルイス・バラガン邸と仕事場 (2004年登録) 

20世紀を代表する建築家ルイス・バラガン(1902〜1988)が、1948年に建立したメキシコシティにある自宅兼スタジオ。モダンなのに温かみのある建築にファンが多いです。



【31のメキシコ世界遺産から】文化遺産と自然遺産10選
ため息が出そうにかっこいいインテリア © Casa Luis Barragan


【31のメキシコ世界遺産から】文化遺産と自然遺産10選
屋上風景 © Miho Nagaya


グアナフアト歴史地区と鉱山 (1988年登録)

丘の傾斜に建ったカラフルな家々による、まるで絵本のような風景と鉱山だった頃に使われていたトンネルやくねった路地による、迷路のような独特な景観が見どころ。

【31のメキシコ世界遺産から】文化遺産と自然遺産10選
鮮やかな色彩の家々が丘の斜面に建つ © Motokazu Hara 


【31のメキシコ世界遺産から】文化遺産と自然遺産10選
街のあちこちにあるトンネル © メキシコ政府観光局 visitemexico.com.mx



グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス (1997年登録)

1791年に設立した、ラテンアメリカで最も古く、規模の大きい総合病院で、現在は文化施設として機能しています。メキシコの巨匠画家、ホセ・クレメンテ・オロスコによる天井や壁にダイナミックに描かれた壁画が見どころです。


【31のメキシコ世界遺産から】文化遺産と自然遺産10選
大迫力のホセ・クレメンテ・オロスコによる壁画 © Miho Nagaya

Miho Nagaya

,,,,, | 旅のハウツー,観光


気になる国の記事を検索!