> > 赤・青・黄・白・グレー!九州で巡る「カラフルな温泉」たち

,,, | 九州・沖縄,観光

赤・青・黄・白・グレー!九州で巡る「カラフルな温泉」たち

Jan 31st, 2014

【温泉大国】九州で巡る「カラフルな温泉」たち
冬のお出かけの醍醐味である温泉。泉質、ロケーション、宿の雰囲気…選ぶ基準は色々ありますよね。

温泉大国として名高い九州地方には多種多様な温泉が点在していますが、今回注目したいのが「色湯」。乳白色はもちろんのこと、青、黄、緑に赤まで! 数ある温泉の中から、ほんの一部をご紹介します。

【ブルー】熊本県・わいた温泉郷「豊礼の湯」

【温泉大国】九州で巡る「カラフルな温泉」たち
山々に囲まれた大自然の中に湯煙が立ちのぼり、はげの湯・岳の湯・山川・麻生釣・地獄谷・鈴ヶ谷といったいくつもの温泉が密集する「わいた温泉郷」。その中の一つ、岳の湯温泉にあたる「豊礼の湯」は100%天然自噴のコバルトブルーの湯が特徴です。

わいた温泉郷でのお楽しみの一つは「コイン式」のお風呂であること。入浴料分のコインを入れると新しいお湯がドバドバ注ぎ込まれ、いつでも新鮮な温泉が楽しめます。

[豊礼の湯・豊礼の宿」公式サイト]

【グレー】熊本県・地獄温泉「清風荘」

【温泉大国】九州で巡る「カラフルな温泉」たち

濃厚なグレーの湯が特徴の「清風荘」。お風呂の底からボコボコと沸く硫黄泉は万病に効くと言われており、古くから湯治場として栄えています。

男女混浴ですが、泥のように色が濃いお湯なので体が透けて見えることはありませんし、女性専用の時間も設けられています。野趣溢れる独特の雰囲気を持っています。

[地獄温泉 清風荘]

平井 みか

,,, | 九州・沖縄,観光


気になる国の記事を検索!