> > 世界遺産の町が歌と踊りと音楽に包まれる、メキシコの「カンデラリアの祭り」

,,, | 観光

世界遺産の町が歌と踊りと音楽に包まれる、メキシコの「カンデラリアの祭り」

Feb 5th, 2014

メキシコシティから車で東へ7時間ほどの場所にある、メキシコ湾沿いの州、ベラクルスの町、トラコタルパン。先住民ナワトルの言葉で、「水の間」を意味する名が示すように、パパロアパン川の中州にあり、30分ほど歩けば、町の端から端まで辿り着いてしまうような小さな町です。スペイン侵略後は、漁港として栄え、アフリカ、アンダルシア、先住民ナワトルの文化が交錯した歴史と町並みの美しさにより、世界文化遺産に登録されています。


世界遺産の町が歌と踊りと音楽に包まれる、メキシコの「カンデラリアの祭り」
パパロアパン川の中州にあるトラコタルパンの入り口にはソンハローチョのダンスを踊る男女のモニュメントがある © Miho Nagaya

世界遺産の町が歌と踊りと音楽に包まれる、メキシコの「カンデラリアの祭り」
町の特徴であるアーチ型コロニアル建築 © Miho Nagaya


パステルカラーに彩られたアーチ型や柱が特徴的なコロニアル建築が並び、海が近いせいか、川から潮の香りが漂ってきます。小舟の上で釣りをする人々や、揺り椅子でくつろぎながら、おしゃべりしている老人たち、美しい鳥が休む大きな椰子の木陰。そして、夕暮れになると町のいたるところからファンダンゴ(ベラクルスの伝統音楽ソン・ハローチョの歌と踊りのジャムセッション)の音が響いてきます。
 

世界遺産の町が歌と踊りと音楽に包まれる、メキシコの「カンデラリアの祭り」
ずらっと並んだ柱とレンガ屋根の民家 © Miho Nagaya

世界遺産の町が歌と踊りと音楽に包まれる、メキシコの「カンデラリアの祭り」
小さな町全体が可愛らしい建物ばかり © Miho Nagaya

Miho Nagaya

,,, | 観光


気になる国の記事を検索!