> > 知っておきたい海外の交通事情、飲酒運転が許される国もある?

,,, | 旅のハウツー

知っておきたい海外の交通事情、飲酒運転が許される国もある?

Feb 7th, 2014

知っておきたい海外の交通事情、飲酒運転が許される国もある?

日本では絶対に許されない飲酒運転

飲酒運転が厳罰化され、今や社会的地位と家族を守るためにも飲酒運転をする人はすっかりいなくなったはず。飲酒検問もあちこちで実施されていますし、事故を起こしてしまったらもう、取り返しのつかないことになります。でも海外旅行に行って、ドライバーさんがランチでワインを飲んでた! ということも。じゃぁ旅先で飲酒運転はOKなの?

海外では飲酒量に規定がある

まずはオーストラリア。こちらは血中アルコール度数0.05%までOK。大体(お酒に弱い方でなければ)ビールをコップ3杯程度。車でなければ移動できないエリアが多いことも理由のようです。アルコール飲料のビンや缶に1.0とか1.5といった表示があり、1.0までなら大丈夫、というふうに目安にするそう。
スペインの場合は、呼気1リットル中アルコール量0.25ミリグラムまで(初心者は0.15)なら大丈夫だとか。これには個人の差があるので、売店などで検査剤を売っているんだそうです。これ、日本にも欲しいですね!

キタガワ

,,, | 旅のハウツー


気になる国の記事を検索!