> > 【現地レポート】中世の息吹を感じながら歩く、スペイン「バルセロナ旧市街」

, | 観光

【現地レポート】中世の息吹を感じながら歩く、スペイン「バルセロナ旧市街」

Feb 20th, 2014

【現地レポート】中世の息吹を感じながら歩く、バルセロナ旧市街

石造りの重厚な街並みが今なお残る


バルセロナといえば、まず思い浮かぶのがガウディ建築ですが、見どころはほかにもたくさんあります。そのひとつが、市内にある「ゴシック地区」。

ローマ時代に起源を持つ、バルセロナでも最も古い地区で、石造りの街並みが中世を感じさせます。

【現地レポート】中世の息吹を感じながら歩く、バルセロナ旧市街

ゴシック地区には、コロンブスがイサベル女王に謁見するために登った階段が残る「王の広場」や、ピカソ美術館など、観光名所がたくさん集中しています。
石造りの入り組んだ狭い路地を歩くと、思わず時を忘れそうになります。

今井明子

, | 観光


気になる国の記事を検索!