> > 日本では絶滅危惧種の「トキ」、オーストラリアでは害鳥!?

,, | 旅のハウツー

日本では絶滅危惧種の「トキ」、オーストラリアでは害鳥!?

Feb 22nd, 2014

日本では絶滅危惧種の「トキ」、オーストラリアでは害鳥!?

カラスと同じ?!オーストラリアクロトキ


海外で異国情緒を感じるのは、どんなところですか?
歴史のある国へ訪れれば、看板や建築、そして食べ物などに異国情緒を感じることでしょう。
文明国としての歴史が浅いオーストラリアでは、こういった部分ではちょっと異国情緒を感じにくいかもしれません。しかし、日本ではなかなか見られない動植物を目の当たりにすると、やっぱり異国へ来たんだなあと実感します。

オーストラリアの珍しい動物と言えば、コアラやカンガルー、キウイなどが有名です。
しかし、一見自然とはあまり縁のなさそうな、市街地をうろうろしている鳥を観察するだけでも、ちょっとした発見があるんです!

まずは、ゴールドコーストで発見したこちらの鳥。

日本では絶滅危惧種の「トキ」、オーストラリアでは害鳥!?

これは・・・トキ!?
トキといえば、「絶滅危惧種」「ニッポニア・ニッポン」「鴇色」という言葉を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。儚く美しい日本の鳥というイメージがありますよね。
しかし、こちらの「オーストラリアクロトキ」は、絶滅危惧種どころか、街中のどこにでもいるんです。

日本では絶滅危惧種の「トキ」、オーストラリアでは害鳥!?

こんなふうに、ゴミをあさっている姿も日常茶飯事。どうやら、地元ではカラス並みに嫌われているようです。いや、カラスよりも体が大きい分、憎たらしさも倍増です。
日本のトキとは、まったく印象が違いますね!

今井明子

,, | 旅のハウツー


気になる国の記事を検索!