> > 【ANA】機内でハラール認証「あられ」を提供開始!機内食への情熱がすごい

,,, | グルメ

【ANA】機内でハラール認証「あられ」を提供開始!機内食への情熱がすごい

Mar 10th, 2014

今後、ますます世界から日本への旅行客の数は増えていくといわれています。そんな中、日本を代表するエアラインの一つであるANA(全日空)が、2014年3月1日から一部の国際線の機内サービスで、ハラール認証のあられ菓子(海苔味)の提供を開始したそうです。「日本らしさ」が、宗教や慣習を超えて、世界中の多くの人々に感じ取ってもらえそうです。

ハラール認証とは?


さて、ハラール認証と聞いてもパッとしない方もいるかもしれません。ハラール認証とは、イスラム法において合法であるという認証を受けているものや事をさします。特に食肉など、宗教上食事に制限があるイスラム圏の人々にとってはハラール認証であるか否かは大切なことだそうです。またイスラム法で非合法なもののことをハラームと言うそうです。

ますます自由に世界を旅出来る時代になりましたが、イスラム圏の人々にとっては、一歩自国を出ると、宗教上食べられる食事がないなどのことが悩みとなっているようです。

ハラール&ベジタリアン認定を受けた「あられ」が機内サービスに


ANAがハラール認証の「あられ」を機内で提供スタート!そのワケとは?
機内で提供予定の海苔味のあられ (c)ANA


成田空港のジャカルタ、デリー、ムンバイ線でスタートした「あられ」の機内サービスは、今後のイスラム圏からの利用者が増えるのを見据えて行なわれている機内食への取り組みの一環だといいます。

この海苔味の「あられ」は、NPO法人 日本アジアハラール協会によるハラール認証と、NPO法人 日本ベジタリアン協会による“ベジタリアン食”としての推奨マークの認定を受けているそうです。イスラム圏の人々はもちろんのこと、インドのベジタリアン向けにも配慮されているのは注目です。

2014年3月1日からは成田のジャカルタ、デリー、ムンバイ線で提供がスタートし、羽田のジャカルタ線では2014年3月30日よりサービスがスタートするそうです。

世界中のあらゆる人々に日本の伝統菓子を楽しんでもらえるのは、嬉しいところです。海苔味とはいえども、いったいどんなお味がするのでしょうか?イスラム圏やインド行きの旅の際には、ぜひ味見してみたいですね。

石原亜香利

,,, | グルメ


気になる国の記事を検索!