> > 【旅TIPS】教えます!海外の材料で「なんちゃって日本食」を作る方法

,,, | グルメ,旅のハウツー

【旅TIPS】教えます!海外の材料で「なんちゃって日本食」を作る方法

Apr 6th, 2014

旅の長さに関わらず、世界のどこにいても、日本食を愛する気持ちは変わらないですよね。お金を出せば、多くものが手に入る時代になりましたが、出費も気になりますよね。特に海外滞在中はなおのこと。

そこで今回は、外国で売られている商品をうまく利用して、「なんちゃっておいしい日本食」を作るヒントを紹介したいと思います。ちょっとした工夫やアイデアで、お金をかけずにおいしい日本食が楽しめるんですよ!

1:お米をどうするか?


工夫1つで海外でも日本食が作れる?ちょっとしたアイデアを披露!

日本人として、「米が食べたい!」という欲はなかなか抑えられない欲ですよね。日本米は売っているけれど高い、炊飯器もない、それでも米が食べたい・・そんな状況の中できる事は1つ、鍋で米を炊くことです。

工夫1つで海外でも日本食が作れる?ちょっとしたアイデアを披露!

日本のお米に近いのはイタリアのお米です。炊飯器で炊くのと同様、洗ってから水を張って火にかけます。まずは中火で、様子を見ながらお水が足りない場合は随時足していけば大丈夫です。コツは、火にかけている間は絶対にかき混ぜない事です。米に9割方火が通ったら、蓋をし弱火に変え、完全に水分が飛ぶのを待ちます。
「まだ少し固いかな?」というぐらいがベストタイミング。そこで火を消し、蓋をしたまま10分ほどむらせば、粘り気のある日本食のようなお米の完成!

工夫1つで海外でも日本食が作れる?ちょっとしたアイデアを披露!

海外で手に入るお米は、パサパサしたお米が多いですが、イタリアのお米は粘り気があります。なんちゃって炒飯の完成!
鍋で米を炊くことに慣れてくると、炊飯器で炊く米よりおいしい事に気付きます。ふっくら出来上がるんです。

工夫1つで海外でも日本食が作れる?ちょっとしたアイデアを披露!

粘り気があるから、お寿司だって作れちゃいます!イタリアのお米は安く手に入るので、お金をかけずに寿司パーティーもできますよ。

Yoko

,,, | グルメ,旅のハウツー


気になる国の記事を検索!