> > 忍者の要塞に迷い込んでしまった!外国人も大絶賛の忍者レストランとは?

,,,,,, | グルメ,ショッピング

忍者の要塞に迷い込んでしまった!外国人も大絶賛の忍者レストランとは?

Apr 8th, 2014

外国人も大絶賛!忍者ダイニングNINJA AKASAKA
(c)NINJA AKASAKA

赤坂見附にあるエンターテイメントダイニング「NINJA AKASAKA」。忍者の隠れ里風の内装で、外国人接待におすすめのお店だといわれています。果たして、どんなお店なのでしょうか?

忍者流のおもてなしを再現したレストラン


忍者が活躍していた戦国時代を再現し、外国人たちに和の伝統を雰囲気・料理・味で知らしめてくれる「NINJA AKASAKA」は、赤坂見附の駅から徒歩3分にあるダイニングレストランです。

存在を知られてはいけない忍者屋敷ゆえに、エントランスは分かりにくさは抜群。壁面にひっそりと設けられています。
店内は要塞風になっており、複雑な通路構成でちょっとした迷宮仕様。これぞ忍者流のおもしてなしです。
滝や池、風の音、鈴虫やコオロギの鳴き声が響き渡る粋な演出の中、店員の忍者たちは、この要塞の中をかけまわります。

外国人も大絶賛!忍者ダイニングNINJA AKASAKA
ひっそりとしたエントランス (c)NINJA AKASAKA

凝ったデザインとライティング


インテリアデザインは、グラフィクスアンドデザイニングの相羽高徳氏が担当。忍者にとって重要になる闇と灯りの演出は、ライティングコンセプト「美しい陰影」に基づくもので、担当は日本のライティングデザインの第一人者 富田泰行氏。壁面に描かれた蜘蛛が蛍光塗料によって浮かぎあがるのはセンスが感じられます。

外国人も大絶賛!忍者ダイニングNINJA AKASAKA
要塞がコンセプトの店内 (c)NINJA AKASAKA


外国人も大絶賛!忍者ダイニングNINJA AKASAKA
蜘蛛のライティング (c)NINJA AKASAKA


店内には「開運の滝」という忍者修行の滝もあり、お賽銭を納めるお客さんも多いそうです。

石原亜香利

,,,,,, | グルメ,ショッピング


気になる国の記事を検索!