> > 日本の消費税8%は高いのか? 安いのか?世界の消費税について調べてみた

,,,, | 旅のハウツー

日本の消費税8%は高いのか? 安いのか?世界の消費税について調べてみた

Apr 8th, 2014

日本の消費税8%は高いのか? 安いのか?世界の消費税について調べてみた

今年の4月1日、日本では消費税が5%から8%へ引き上げとなったのは皆様ご存知の通り。しかも来年には10%になるかもー!という話ですが、これ、高いのか安いのか? 海外の消費税について改めて調べてみました。

アメリカは州や市によって変わる


日本の消費税にあたる「小売売上税(Sales Tax)」はお店がお客さん(消費者)に販売するときにかかる税金です。仕入れなどにも加算される消費税とは少し違っていますが、国単位で決まっているものではなく、州や市でそれぞれにかかり、平均して約6%~10%程度になります。州や市が変わると変動しますので、旅行の時は気をつけましょう。

ドイツではイートインよりテイクアウトがお得!?


ヨーロッパ(EC加盟国)では付加価値税(VAT)と呼ばれる税金が、消費税にあたります。国によって税率が異なり、20%以上の国も珍しくありません。とはいえ、生活必需品は税率を低くし、贅沢品には税率が高くするなどの工夫があります。

例えば、イギリスの付加価値税は20%ですが、食料品と書籍には付加価値税はかかりません。ドイツの場合「外食」は贅沢品扱いで19%ですが、食料品は7%なので、ファストフードの場合、同じ商品でもテイクアウトの方が安くなるんです。

キタガワ

,,,, | 旅のハウツー


気になる国の記事を検索!