> > > 【達人と行くディープ金沢】日本唯一のお茶屋へ!情緒溢れる「ひがし茶屋街」

,,,,,, | グルメ,ショッピング,ディープ金沢,観光

【達人と行くディープ金沢】日本唯一のお茶屋へ!情緒溢れる「ひがし茶屋街」

Apr 9th, 2014

【特集】北陸新幹線開通直前!金沢の達人と巡る「ディープ金沢」

北陸新幹線開通に先駆けて、TABIZINE編集部が、“金沢の達人”とともに、金沢の魅力スポットをご紹介します。金沢の達人としてTABIZINEに協力してくれたのは、地元テレビ局で人気MCの越村江莉さん。今回は越村さん案内のもと、ここへ行ってきました!

歴史あるお茶屋が並び、江戸情緒溢れる東茶屋街


【達人と行くディープ金沢】日本唯一のお茶屋!江戸情緒溢れる「東茶屋街」へ

金沢の東山にある「ひがし茶屋街」。城下町の風情が残る茶屋街は、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、金沢の名所でもあります。夕方になると三味線や太鼓の音が鳴り響き、芸妓さんの姿を見ることもできるとか。

そのお茶屋の中でも、1820年(文政3年)に建てられた『金沢ひがし廓 志摩』は日本で唯一、国の重要文化財に指定されているお茶屋です。

格式高いお茶屋の造りをそのままに残しており、ここで遊ぶことが許されたのは、上流町人や文人たちだけだったそう。

また、志摩のように、改築されずに、そのままの姿を残しているお茶屋は非常に珍しいとか。
「お茶屋は住居とは違い、押し入れや物入れなどは作らず、随所まで装飾にこだわっており、非常に華奢な造りをしていることから、改築せずに残すのは至難の業」と志摩のご主人が教えてくれました。


志摩の中は見学することができます。中へ入ってみると、まるで江戸時代にタイムスリップしたような気分!約200年前、封建社会だったその時代、町方に許されたわずかな社交の場。その様子が容易に想像できてしまうのです。


【達人と行くディープ金沢】日本唯一のお茶屋へ!江戸情緒溢れる「東茶屋街」

ここは「前座敷」で、赤い壁は紅殻(ベンガラ)です。
お客さんが床の間を背にして座ると、その正面の「控えの間」が演舞の場となり、艶やかな芸妓さんの遊芸が披露されていました。

部屋にはお琴や琵琶三味線、などが飾られていますが、普段はどれもがなかなかお目にかかれないものばかりです。


【達人と行くディープ金沢】日本唯一のお茶屋へ!江戸情緒溢れる「東茶屋街」

ここは、おかみさんの部屋だったそうです。
部屋に置いてある家具類、小物類、着物なども昔のまま、本物がそのまま置かれています。


【達人と行くディープ金沢】日本唯一のお茶屋へ!江戸情緒溢れる「東茶屋街」

並んでいる三味線も、もちろん、昔から使われていたものです。

米田ロコ

,,,,,, | グルメ,ショッピング,ディープ金沢,観光


気になる国の記事を検索!