> > > 【NY失敗談から学ぶ】しまった!と後悔しないための10ヶ条

,, | アメリカ,ショッピング,北アメリカ,現地レポート,観光,豆知識

【NY失敗談から学ぶ】しまった!と後悔しないための10ヶ条

Apr 10th, 2014

せっかくのNY旅行で、「しまった!」と後悔しないために、旅行業界関係者から聞いた失敗談を内緒でご紹介しましょう。準備は怠らず、荷物はなるべくコンパクトに。
パスポート、航空券、ホテルのバウチャー、キャッシュ(円、ドル共)は、言うまでもなくお忘れなく。

【NY失敗談から学ぶ】しまった!と後悔しないための10ヶ条
©Hideyuki Tatebayashi


出発前にチェック!

1. 旅行直前に体調を整えておく

【失敗談】A
休暇を取るために仕事を無理して片付け、NYに到着した途端、風邪や疲労でダウン。ドクターストップがかかり、エアラインに相談の上、予定より早い出発の飛行機で帰国。NY滞在は1日のみ。

【失敗談】B
風邪をおしてNYに来たものの、乾燥した飛行機内で悪化。NYでは観光する体力もなく、ずっとホテルで寝ていただけ。

【対 策】
健康あっての旅行です。基本的なことですが、ないがしろにしがち。

2.海外旅行保険に入っておく

【失敗談】A
休暇を取るために無理して仕事を片付け、疲労しているところに、自転車に乗り事故。救急車、入院で高額な医療代の請求が。

【対 策】
NYの医療費は高額の上、予約制につき、すぐに診てもらうことが出来ない場合もあります。救急車を呼ぶだけで300ドル以上かかります。『治療費用』は保険金額無制限がお薦めです。

【失敗談】B
乗り継ぎ便で、スーツケースを積み忘れられ、身支度の道具(歯ブラシ、整髪道具)下着、着替えを購入。スーツケースは2日後に到着。

【対 策】
乗り継ぎ便は安いのですが、フライトの遅れ、荷物の積み忘れなどのリスクがあります。『携行品』はもちろん、オプションの『航空機寄託手荷物遅延』『航空機遅延』なども加入を。

3. クレジットカードは必需品

【失敗談】
ホテルに宿泊する際、備品の破損、汚損、盗難を怖れて、クレジットカードの提示を求められた。JCBカードしか持っていず、親に電話してカード番号を借りることに。

【対 策】
VISA,MASTER が一般的。AMEXは取り扱い手数料が高いため、小規模な店では扱わないこともあります。JCBはNYでは一般的ではありません。

4.ドルのキャッシュはある程度持ってくる

トラベラーズチェックは少額や小さな店では使えませんので、ドルのキャッシュはある程度は持っておくのがおすすめです。

【失敗談】
日本で両替をせず、ニューヨークで両替所に行ったところ、レートが悪くてビックリ。銀行も手数料が高い。

【対 策】
NYの両替所は世界で一番レートが悪いです。カード社会とはいえ、現金は必要。日本で用意してきましょう。
チップ社会ですので、チップ用の1ドル札も多めに用意のこと。20ドル札が使いやすく、100ドル札は嫌がられる場合があります。

【参 考】
両替のレートが良いところを、見つけました。参考まで

5. 飲み慣れた薬を持ってくる

【失敗談】A
乾燥しているNYで、風邪を引き、こじれた。

【失敗談】B
慣れない土地で緊張のせいか、腹痛が。女性に比べ、男性はお腹をこわしやすいようです。

【対 策】
アメリカの薬は日本人には強過ぎて、合わないことがあります。また日本では売薬として売っているものでも、アメリカでは処方箋が必要で、医者に行かないと売ってくれないものもあります。風邪薬、胃腸薬、消化薬、下痢止めの薬は持参しましょう。持病のある人はもちろん忘れずに。英語表記で必要な薬が分からない時もあります。

【参 考】
ニューヨークのドラッグストアの症状別売薬一覧 参考記事

青山 沙羅

,, | アメリカ,ショッピング,北アメリカ,現地レポート,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!