> > > 春の到来を告げるイースター!フランス流の過ごし方

, | グルメ,フランス,ヨーロッパ,豆知識

春の到来を告げるイースター!フランス流の過ごし方

Apr 16th, 2014

桜が春の訪れを告げるように、西洋ではイースターが近づくと春を感じるようになります。日本では「卵の形をしたチョコレートを食べる日」ぐらいの認識しかないイースターですが、キリスト教信者の多い欧米ではクリスマスの次に大切な行事です。というのも、クリスマスはイエス・キリストの誕生をお祝いする日であり、イースターはキリストの復活を記念する日だから。

春の到来を告げるイースター!フランス流の過ごし方

イースターと一口に言っても、国によってお祝いの仕方が異なります。
今回は食にまつわる行事が多いという、美食の国・フランスのイースター事情をお届けしたいと思います。

フランスとイースター


国民の6割以上がカトリック信者のフランスでは、イースターは重要な行事です。イースターの祝日は国によって異なり、フランスはイースター・サンデー(春分の日の後にくる最初の満月から数えて最初の日曜日)と翌日イースター・マンデーの2日間。とはいえ、週末を利用して1・2週間の休暇を取る人も少なくありません。イースター期間は家族や親戚、友人たちとと楽しい時間を過ごすのが一般的。

sweetsholic

, | グルメ,フランス,ヨーロッパ,豆知識


気になる国の記事を検索!