> > > 【アメリカ】岩の狭間にびっしり並ぶ古代住居、世界遺産「メサ・ベルデ」とは?

,,,, | アメリカ,北アメリカ

【アメリカ】岩の狭間にびっしり並ぶ古代住居、世界遺産「メサ・ベルデ」とは?

May 14th, 2014

【世界遺産/アメリカ】岩の狭間に並ぶ古代石窟住居 メサ・ベルデとは?

アメリカで唯一、自然のものではない世界遺産として登録されている国立公園、それが「メサ・ベルデ」です。1400年以上前、先住民のさらに先祖が住んでいた岩窟住居で、最盛期には5000人もの人々が暮らしていたといいます。

隠れ家のように岩にはりつく住居


【世界遺産/アメリカ】岩の狭間に並ぶ古代石窟住居 メサ・ベルデとは?


【世界遺産/アメリカ】岩の狭間に並ぶ古代石窟住居 メサ・ベルデとは?

一見、巨大な岩の台地。しかしよく見ると、断崖にはりつくようにびっしりと住居が並んでいます。雨風を避け、敵から身を隠すためだそうですが、驚くのはその規模。遺跡は現在100以上発見されており、一番大きなクリフ・パレスには部屋が217もあるそうです。

【世界遺産/アメリカ】岩の狭間に並ぶ古代石窟住居 メサ・ベルデとは?


【世界遺産/アメリカ】岩の狭間に並ぶ古代石窟住居 メサ・ベルデとは?

クリフ・パレスの一部。日干しレンガで壁を造り、集会場、儀式の場などきちんと区切られていたことから、本格的な集落として栄えていたことがわかります。

山口彩

,,,, | アメリカ,北アメリカ


気になる国の記事を検索!