> > > 日本人の常識を覆す!北アフリカのヨーグルト文化

,,,,,, | アフリカ,アルジェリア,モロッコ

日本人の常識を覆す!北アフリカのヨーグルト文化

May 16th, 2014

日本では朝食やおやつの時間に食べることの多いヨーグルト。果物やジャム、シリアルと合わせてもおいしいですよね。しかし、一言でヨーグルトといっても、地域性のある「カスピ海ヨーグルト」や「コーカサスヨーグルト」など、その種類は多種多様です。近年ではクリーミーで濃厚な味わいの「ギリシャヨーグルト」が人気のようです。

日本の常識をくつがえす!海外のヨーグルト文化~北アフリカ編~

「ヨーグルトにもこんなに種類があるんだ!」、と思った方はいませんか?そう、「明治ブルガリアヨーグルト」でお馴染みのブルガリアを含む東欧、イタリアやフランスなどの西欧、アメリカにアジアなど、ヨーグルトは世界中で食べられているのです。その食べ方も国や地域によって実にさまざま。世界の人はどのようにヨーグルトを食べているのでしょうか?まずは、北アフリカのモロッコとアルジェリアの様子を見てみましょう。

モロッコ


日本の常識をくつがえす!海外のヨーグルト文化~北アフリカ編~
羊肉のケバブのヨーグルト添え


ヨーロッパとアフリカの文化が混じり合ったエキゾチックな国。アフリカと言ってもかなりヨーロッパ大陸に近く、スペイン南部からはフェリーで行ける距離です。クスクスに肉と野菜の煮込みを添えた「タジン鍋」に代表されるモロッコ料理は、香辛料を使用したエキゾチックな味わいが特徴。

モロッコの食卓にはヨーグルトが欠かせません。果物やナッツ類と混ぜてシェイクにして飲むほか、 ミントやカイエンヌ・ペッパーと合わせてヨーグルトソースにしたものをお料理にかけて食べるのが一般的。私たちのようにそのまま食べることは少ないようです。

sweetsholic

,,,,,, | アフリカ,アルジェリア,モロッコ


気になる国の記事を検索!