> > > 安くて辛くてウマい!「マレーシア料理」に迫る

,,,,, | アジア,グルメ,マレーシア,観光,豆知識

安くて辛くてウマい!「マレーシア料理」に迫る

Jun 16th, 2014

「Makan already(マカン、オーレディ)?」ー マレーシアを旅すると、常に尋ねられるのがこの質問。マレー語で食べるという意味の「Makan」と英語の「already」が合体したこの言葉は「もうご飯食べた?」という意味で、挨拶代わりに使われることも。

食に関わりのある挨拶が多いアジアのなかでも、とりわけマレーシア人は美味しいものに対する意識が高い! 例えば「アサムラクサ(魚ベースの米粉スープ麺)を食べにペナン島へ行ってきた」とか、「新鮮な魚介類を食べにトレンガヌ州に行く」などなど、食べることを目的に国内を旅する人も少なくありません。

東南アジア圏のタイやベトナムと比べるとマレーシア料理はそれほど浸透していませんが、現地を旅行したらハマってしまう人の多いこと多いこと! 屋台なら100円以下でも美味しい料理が食べられてしまうのも魅力のひとつ。安くてウマいマレーシア料理の魅力をお届けします。

多民族のマレーシアには、マレー系・中華系・インド系の人々が暮らしていることから、これらの国の料理が一度に楽しめます。それに加え、中華とマレー料理が融合したエキゾチックな「プラナカン」と呼ばれるスタイルの料理も。マレーシアにいながら、4つの料理が味わえるのですから、なんともお得ですよね。

マレー・中華・インド、それぞれの料理の特徴と代表的なものを挙げてみましょう。

sweetsholic

,,,,, | アジア,グルメ,マレーシア,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!