> > > 人生の節目を手料理で祝う「フランスの美食術」は無形文化遺産だった!

,, | グルメ,フランス,ヨーロッパ,世界無形文化遺産,特集,豆知識

人生の節目を手料理で祝う「フランスの美食術」は無形文化遺産だった!

Jun 23rd, 2014

ちょっと豪華に食事を楽しみたいときには、ホテルやレストランへ出かけることの多い我々日本人。何時間もかけてたくさんのお料理を用意するのは年に数回、とりわけお正月ぐらいでしょうか。対照的にフランスでは冠婚葬祭やバースデーなどお祝い事があると、レストラン並みの料理を自宅で用意することも少なくありません。

【無形文化遺産】スローライフの幸せ、「フランスの美食術」とは?


「ええっ、家でフレンチのコース料理?」と驚いてしまいますが、頭を悩ませながらもおもてなしを楽しんでいる模様。今回は無形文化遺産に登録されている「Gastronomic meal of the French(フランスの美食術)」をお伝えします。

【無形文化遺産】スローライフの幸せ、「フランスの美食術」とは?

食の楽しみ方、おもてなしのプロ


フランスの一般家庭にお邪魔すると、特別なお祝い事がなくても素敵なお料理を用意してくれることが多々あります。メニューはレストラン並みに1品ずつ供されることも。当地では幼い頃からワインや美食に触れる機会が多いため、食の楽しみ方・おもてなし方法がすんなり身に付いている人が多いようです。

【無形文化遺産】スローライフの幸せ、「フランスの美食術」とは?

以前、カフェでお母さんが小さな子どもにりんごの発泡酒シードルやワインをテイスティングさせるという衝撃的な光景を目にしましたが、これも食育のうちなのかも。確かに幼い頃に食べた味の記憶は大人になってからも忘れないと言いますよね。

sweetsholic

,, | グルメ,フランス,ヨーロッパ,世界無形文化遺産,特集,豆知識


気になる国の記事を検索!