> > アメリカで話題の食事療法!旧石器時代の食事を実践する「パレオダイエット」

,, | グルメ,トレンド,豆知識

アメリカで話題の食事療法!旧石器時代の食事を実践する「パレオダイエット」

Jul 22nd, 2014

今から1万年前の旧石器時代、人々はどのようなものを食べて生きていたのか考えたことはありますか? 

アメリカで話題の食事療法!旧石器時代の食事を実践する「パレオダイエット」

「1万年前の食事に戻せば、現代人が抱える糖尿病や肥満、心臓病などの生活習慣病を回避できるのではないか?」との考えから始まったのが、近年アメリカで広がりをみせている「パレオダイエット」と呼ばれる食事療法です。旧石器時代の食事がお手本というのは、なかなかユニークな発想ですよね。

パレオダイエットに従って食事をすれば、体調の改善だけでなく性欲を刺激する効果も見込めるのだとか。日本ではまだ馴染のないこの食事療法、一体どんなもの? その内容とともに、パレオダイエットに基づいた1日の献立もご紹介しましょう!

どんなものを食べたらいいの?


簡単に言えば「ヘルシーな食べ物をたっぷり摂ればOK」。野菜やナッツ、草を食べて育った肉、魚介類、卵、発酵食品。 調理に使用する油はココナッツ油、オリーブ油、パーム油のみ。オメガ3」と「オメガ6」という不飽和脂肪酸が効率よく摂れるのがこれらの油なのだそう。乳製品は基本的にNGですが、ギーと呼ばれる澄ましバターはOK。加工食品もNGですが、良質な肉で作られたベーコンやソーセージはOK。

パレオダイエットでNGな食べ物


おおまかに言うと「炭水化物、グルテンはNG」。白米を始め玄米などの穀物、乳製品、精製された砂糖、加工食品。しょう油や納豆、味噌に豆腐といった大豆由来の食品が摂れないのは、キビシイかもしれません。

旧石器時代にはジャガイモやサツマイモなどは食べられていなかったようですが、食事療法では食べてもよいことになっています。乳製品も旧石器時代にはありませんでしたが、草を食べて育った牛のミルクやヨーグルト、チーズならOKという人もいます。ちょっとアバウトな感じが残るのは、パレオがまだ新しい食事療法だからかもしれません。

sweetsholic

,, | グルメ,トレンド,豆知識


気になる国の記事を検索!