> > > 【マレーシア】魅惑のネイチャーワールド!コタキナバルで出逢う珍しい猿たち

,,,,,,,, | アジア,インドネシア,マレーシア,観光

【マレーシア】魅惑のネイチャーワールド!コタキナバルで出逢う珍しい猿たち

Jul 27th, 2014

【マレーシア・コタキナバル】珍しい猿に出逢える魅惑のネイチャーワールド
©shutterstock


クアラルンプールから空路で約2時間半、コタキナバルに到着します。コタキナバルは、マレーシアのサバ州の州都で、ボルネオ島のマレーシア領のこと。最近では旅行者も増え、人気の観光エリアとなっています。コタキナバルは、マレーシアの首都、クアラルンプールとは別世界。少しバスで走っただけで、熱帯のジャングルが顔を出し、マングローブの森や珍しい野生動物に高い確率で遭遇できるネイチャーワールドなのです。現地ツアーには、ジャングルクルーズ、ナイトサファリもあり、熱帯の自然を思う存分、体感できます。さて、コタキナバルには、どのような野生動物が生息しているのでしょうか。今回は、コタキナバルに生息するサルをクローズアップしてみました。

ファニーフェイスなテングザル


一度、見たら忘れられない顔とは、まさにこのサルの顔のこと。現地のお土産でテングザルがプリントされたTシャツやポストカードもたくさん売っています。それもそのはず、テングザルはボルネオ島にしか生息していない、絶滅危惧種で、川を泳いで渡る珍しいサルなのです。でも、インパクトのある見た目に反して、性格は温厚そのもの。他のサルに寝床を奪われても、怒ったりしません。素直に場所を譲ってしまいます。このサルの持つ温厚さも、生存競争の激しい自然界で生き抜く知恵のひとつなのかもしれません。コタキナバルを訪れたら、ぜひ会いたいサル、ナンバーワンです。

まるで格闘家のような肉体美を持つブタオザル



筋肉質な肉体の持ち主ですが、どことなく愛らしさが漂うブタオザル。見ているだけで、癒されます。ブタオザルはその名のとおり、細い豚のような尻尾を持っていて、頭頂部の黒い毛が特徴的。また、ブタオザルは地上を歩くのも得意で、危険を察すると、木から木への移動に加えて、地上を移動することで、危険を回避する珍しいサルなのです。しかし、残念なことに、森林伐採が進み、ブタオザルの生息地が減ってしまったことで、現在は絶滅危惧種に指定されています。

あやみ

,,,,,,,, | アジア,インドネシア,マレーシア,観光


気になる国の記事を検索!