> > デイリーワイン、どう選ぶ? 研究により「千円程度のもので十分」と判明

,, | グルメ,豆知識

デイリーワイン、どう選ぶ? 研究により「千円程度のもので十分」と判明

Aug 8th, 2014

暑い日にはキリッと冷えた爽やかな白ワインやロゼが美味しく感じますよね。ワイン大国フランスでは「夏といえばロゼ」というぐらい、ピンク色をしたロゼに人気が集まる時期です。軽やかで口当たりがよく、ガブガブ飲めるというのがその理由のひとつ。

デイリーワイン、どう選ぶ? 研究により「○○円程度のもので十分」と判明

もっとも、ガブガブ飲めるのはそれなりに美味しいワインがソフトドリンクと同じぐらい安価に手に入るから、という背景があってのことですが。フランスはさておき、家飲みするなら、たいていいくらぐらいを目安に選んでいますか? この度「多くの人は、ワインの味が分からない」という衝撃の事実が、米ブドウ・ワイン学会誌に掲載されました。ということは、1本1000円だろうが、1万円だろうが、関係ないってこと!? 驚きの研究結果をお伝えするとともに、デイリーワインの選びのコツもご紹介します。

気になるワインについての調査とは


米ペンシルベニア州立大学とカナダのブロック大学が、ワインを日常的に飲んでいる一般人とワインの専門家(ソムリエやワイン業者など)数百人を対象に味覚のテストを実験。この結果、専門家は一般人に比べて1.4倍の鋭さで苦みに反応しやすいことが分かりましたこれは、専門家がより正確な味覚をもっているということを示唆しています。

この例としては、一般人がワインを単に「おいしい」と表現するところを、専門家は「コショウのような後味のするブラックベリー」「洋梨やライムのような香り」という的確に説明できるということ。要するに私たちには「おいしい」「おいしくない」の区別は付けられても、ワインのラベルに書いてあるような味わいまでは分からないということです。

sweetsholic

,, | グルメ,豆知識


気になる国の記事を検索!