> > > 【東京郊外】名水百選にも選ばれた、国分寺の美しい湧水を求めて

,,,, | 東京都23区外,観光,豆知識,関東

【東京郊外】名水百選にも選ばれた、国分寺の美しい湧水を求めて

Aug 18th, 2014

【東京郊外】名水百選にも選ばれた、国分寺の美しい湧水を求めて

段丘の地形を生かした日本庭園


東京都の郊外にある国分寺市。
かつて武蔵野国の国分寺があったこの地には、「国分寺崖線(通称:ハケ)」と呼ばれる地形があります。これは多摩川が武蔵野台地を浸食することで誕生した斜面地で、この国分寺崖線沿いにはたくさんの湧水スポットが点在します。

JR国分寺駅のすぐ近くにある湧水スポットのひとつが、殿ヶ谷戸庭園。
満鉄副総裁として知られる江口定條の別荘として大正2~4年に整備された庭園で、昭和4年には三菱財閥岩崎家の別邸となりました。その後、昭和29年に都が買収し、有料庭園として開園。平成23年には国の名勝として指定されています。

【東京郊外】名水百選にも選ばれた、国分寺の美しい湧水を求めて

【東京郊外】名水百選にも選ばれた、国分寺の美しい湧水を求めて

この庭園は、国分寺崖線の地形を生かして作られています。崖の上は明るい芝生が、崖の下は湧水池があり、崖の上下で庭の表情ががらりと変わります。澄んだ池には大きな鯉が悠々と泳ぐ姿も。
駅前の喧騒が嘘のような、静謐な庭園です。

今井明子

,,,, | 東京都23区外,観光,豆知識,関東


気になる国の記事を検索!