> > > 【米国】大事な友人が病気になった時、幼い少女が迷いなく捧げたもの

,,,,, | アメリカ,ニュース,北アメリカ

【米国】大事な友人が病気になった時、幼い少女が迷いなく捧げたもの

Aug 19th, 2014

大事な友人が病気になったら、あなたは友人に何をしてあげられるでしょうか?
ニューヨークの小学校1年生の女の子パイパーちゃんには、大親友のナイヤちゃんがいました。が、ナイヤちゃんは白血病にかかり、一時は昏睡状態に陥るほどの重体に。やっと復学出来た親友は、抗ガン治療のため、丸坊主になっていました。そこでパイパーちゃんは、ある決心をしたのです。

【米国】大事な友人が病気になった時、幼い少女が迷いなく捧げたもの
写真左 ナイヤちゃん、写真右 パイパーちゃん ©Facebook/Goin’ Bald For Bucks


全校生徒が見守る中で、ずっと伸ばしてきた綺麗な髪の毛を切ることにしました。
癌患者への支援のため、寄付金を集める団体「Goin’ Bald for Bucks」(募金のために坊主になろう)に参加することにしたのです。二人の通学する小学校では、夏休み前の最終登校日に行われる恒例行事となっていました。


【米国】大事な友人が病気になった時、幼い少女が迷いなく捧げたもの
©Facebook/Goin’ Bald For Bucks


誰から言われたのでもなく、自ら自分の髪の毛を寄付すると決めたパイパーちゃん。
髪の毛を切る間、親友のナイヤちゃんが手を握り、見守ります。


【米国】大事な友人が病気になった時、幼い少女が迷いなく捧げたもの
©Facebook/Goin’ Bald For Bucks

青山 沙羅

,,,,, | アメリカ,ニュース,北アメリカ


気になる国の記事を検索!