> > > 【メキシコ】カルト映画巨匠ホドロフスキー縁の地を巡る

,,, | メキシコ,中南米・カリブ,現地レポート,観光,豆知識

【メキシコ】カルト映画巨匠ホドロフスキー縁の地を巡る

Aug 19th, 2014

新作映画が日本公開中のホドロフスキーとメキシコの深い関係



ジョン・レノンとヨーコ・オノ、デニス・ホッパーが惚れ込んだ魔術的ウエスタン映画『エル・トポ』で1970年代に世界的に名が知られることとなった、カルト映画の巨匠アレハンドロ・ホドロフスキー。南米チリ出身で、現在はフランス在住。劇作家、マルセイユ版タロットの研究者としても知られる多才な人物です。


そんなホドロフスキーの23年ぶりの新作映画『リアリティのダンス』が現在日本公開中。彼の同名自伝小説を基に描かれ、幻想的世界と原点回帰のドラマが一体となり、感動へと導く傑作です。

http://youtu.be/N4A73GpgPRs
映画『リアリティのダンス』予告編 日本配給:アップリンク/パルコ


85歳になった今も精力的に活躍し、世界中の人々を魅了するホドロフスキーですが、実はメキシコと深い関わりを持っています。
ホドロフスキーは1958年から、メキシコシティに通算20年以上住み、100本以上の演劇を上演しました。そして、『エルトポ』、『ホーリーマウンテン』、『サンタ・サングレ』の3大代表映画をメキシコで撮影したのでした。

それでは、ホドロフスキーに縁があるメキシコの場所を案内していきましょう。

Miho Nagaya

,,, | メキシコ,中南米・カリブ,現地レポート,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!