> > > 【グアム】泊まらなくてもOK!泊まったつもりで高級ホテルを満喫できる方法

| グアム,ホテル・旅館,ミクロネシア,現地レポート,観光,豆知識

【グアム】泊まらなくてもOK!泊まったつもりで高級ホテルを満喫できる方法

Sep 3rd, 2014

ゆるりと過ごすグアム


日本からお手軽に行ける南の島の代表といえば、まずはグアム。

飛行時間は4時間程度。時差は1時間。フライトチケットも格安ツアーも、3万円くらいからあるので驚きです。大勢の日本人客が訪れますし、それらの旅行客のために、マリンレジャーやショッピング施設は充実していて、観光スポットが多数あります。

しかし、ここであえておすすめするのが、ホテルのラウンジやプールサイドでまったりと過ごす旅。

向いている人、向いていない人


もちろん、こういう過ごし方に向いている人と向いていない人がいます。
「アクティブでせっかちな人」「静かに過ごすのが苦手な人」「『せっかくだから』という言葉が好きな人」などには向いていないので、どうぞ、無理をしないように。

それ以外の、「ボーッとするのが好き」「時間に追われて動き回るのが嫌い」「読書が好き」「欧米人のようなゆったりしたバカンスを楽しみたい」といった人には、いいでしょう。

誰もが過ごせる、高級ホテルのラウンジ


日本の高級ホテルは、たいていロビーとラウンジがはっきり分れていて、「ラウンジ=高級喫茶室」になっていて、席に着けば、1杯1000円以上もするコーヒーなどを注文しなければならないことが多々あります。しかしグアムでは、『アウトリガー・グアム・リゾート』のような高級ホテルでも、ラウンジがえらく「ゆるい」雰囲気を漂わせており、存在としてはロビーとラウンジの中間のようなもの。


心と懐に優しい南国の過ごし方、グアムの高級ホテルラウンジ
©Junko kawasaki

川崎純子

| グアム,ホテル・旅館,ミクロネシア,現地レポート,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!