> > > タイムスリップしよう。世界遺産都市「マラッカ」の休日

,,, | アジア,マレーシア,世界遺産,観光

タイムスリップしよう。世界遺産都市「マラッカ」の休日

Sep 12th, 2014

マレーシアの首都クアラルンプールからバスで2時間。生い茂るヤシの木を抜けた先には、2008年に世界遺産登録された街マラッカがあります。植民地時代を経て独自の文化を発展させてきたこの街には、初めて来たのにどこか懐かしさを感じさせる雰囲気があります。その秘密を覗いてみましょう。

東洋と西洋が出会う場所


オランダとポルトガルの植民地時代を経て、15世紀後半からマレーシアやシンガポールに移民した中国系移民の子孫は、東洋と西洋を融合させた独自のプラナカン文化を造りあげました。その息吹は、今でも街中で感じられます。

かつてオランダの植民地だったマラッカの象徴的スポット、オランダ広場です。

オランダ広場の名物はカラフルなトライショー。日中日差しの厳しいマラッカにぴったりです。

タイムスリップしよう。世界遺産都市マラッカの休日

ポルトガル人により立てられた砦「ア・ファモサ」。内部にはポルトガル人街が作られました。

ここはプラナカンの伝統的家屋ショップハウスです。ここにも東洋と西洋の融合を垣間見ることができます。

ショップハウスの立ち並ぶジョンカーウォークは、週末になればナイトマーケットが開催。ショップハウスは今も現役です。     

マレーシア最古の中国寺院である青雲亭(チェン・フン・テン)は、クアラルンプールやシンガポールからも人びとがお祈りに訪れる場所です。

タイムスリップしよう。世界遺産都市マラッカの休日 ©Tooykrub/Shutterstock.com

Sae

,,, | アジア,マレーシア,世界遺産,観光


気になる国の記事を検索!