> > > カルチャーショックの嵐、NYのジャクソン・ハイツが今面白い!

,, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,観光

カルチャーショックの嵐、NYのジャクソン・ハイツが今面白い!

Sep 28th, 2014

NYといえば、一般的に思い浮かべるのはマンハッタンですよね。でもマンハッタンだけが、NYじゃないんです。ブルックリンのウィリアムズバーグやベッドフォードも今や原宿化して、観光客だらけ。新鮮さが失われ、面白みがなくなってきました。
じゃあ、どこへ行けばいいのよ?と思うあなたにお教えしましょう。今、熱いのが、クイーンズのジャクソン・ハイツ。ラテンのノリがアツい南米系、ゴージャスなサリーに、踊るマハラジャのインド系、ヒマラヤ系、韓国系。各国が隣り合い、混じることなく、存在しています。今や、観光バスも止まるほど。むやみにアツい、エスニックタウンのマジカルツアーに出てみましょう。

インド・ワールドにひたってみよう


Jackson Heights Roosevelt Av駅(E、F、M、R、7Line)に降りると、高架線下に目抜き通りが続いており、ディープな雰囲気に圧倒されるでしょう。まず、試して欲しいのが、インド式フェイシャル。

カルチャーショックの嵐、NYのジャクソン・ハイツが今面白い!

Threading Salon(スレッディング・サロン)という「木綿の糸を使って、眉を整える、顔のむだ毛を処理してくれる」お店。手入れの難しいEyebrows(両眉毛)をたった5ドル(チップ別。1ドル程度推奨)で、整えてくれます。ちょっとチクッとしますが、5分もかからずに終わるので、まず眉を整えて出掛けましょうか。ただし、肌が敏感な人、アレルギーのある人はやめた方がいいでしょう。ツラの皮の厚い筆者には、まったく問題ありませんでした。

カルチャーショックの嵐、NYのジャクソン・ハイツが今面白い!

インド人街を歩くと、カルチャーの違いを実感しますね。サリー、ごってりゴールドなアクセサリーなどの店も並び、冷やかして見て歩くのも楽しいです。もちろん、気に入ったら、お土産にどうぞ。町中には、例の「踊るマハラジャ」的音楽が流れています。

カルチャーショックの嵐、NYのジャクソン・ハイツが今面白い!

ターバンを巻いた男性、サリーをまとった御婦人が町を行き交います。本当にここはNY?と思うでしょう。

カルチャーショックの嵐、NYのジャクソン・ハイツが今面白い!

もちろん、食も充実。カレー食べ放題のレストラン。

カルチャーショックの嵐、NYのジャクソン・ハイツが今面白い!

こんがり焼けたタンドリー・チキンが、「お店へどうぞ〜」と誘います。

<カルチャーショックの嵐、NYのジャクソン・ハイツが今面白い!

カレーがずらり。ドーサ(インドのクレープ)はその都度焼いてくれるので、アツアツを頬張りましょう。デザートのライスプディングもおススメ。

カルチャーショックの嵐、NYのジャクソン・ハイツが今面白い!

インドのスイーツ・ショップが並んでいます。暑い国の人は、甘いお菓子が好きですね。
これは、雛祭りの菱餅風な。。NYで雛祭りを祝いたい時は、ジャクソン・ハイツで調達出来ますね(笑)。

カルチャーショックの嵐、NYのジャクソン・ハイツが今面白い!

どれもかなり甘そうですが、1個ずつ買ってみても良いかもしれません。お値段は安いですから、大ヤケドにはなりません。

カルチャーショックの嵐、NYのジャクソン・ハイツが今面白い!

青山 沙羅

,, | アメリカ,北アメリカ,現地レポート,観光


気になる国の記事を検索!