> > > 在住者が伝授!美しきメキシコのお盆「死者の日」を現地で最高に楽しむ方法

,,, | メキシコ,中南米・カリブ,現地レポート,観光

在住者が伝授!美しきメキシコのお盆「死者の日」を現地で最高に楽しむ方法

Oct 22nd, 2014

生と死が華やかに出会うメキシコのお盆、無形文化遺産『死者の日』


美しいメキシコのお盆「死者の日」代表スポットと現地イベント情報
メキシコシティ、ソカロ大広場の祭壇 ©Miho Nagaya

日本でメキシコのお盆、「死者の日」を祝うイベント』や『メキシコの旬の味、「死者のパン」を食べくらべ』の記事でも紹介したように、一年のなかで最もメキシコが輝く時期が、毎年10月31日~11月2日の『死者の日(Dia de muertos)』の期間です。故人の魂が下界へやってくるとされ、各家庭に祭壇が設けられ、先祖の墓を飾り付けます。『世界遺産だけじゃない!歴史と魅力を今に受け継ぐ7つのメキシコ無形文化遺産』でも紹介したように、「死者に捧げる先住民の祭礼行事」として、2003年にユネスコの無形文化遺産に登録され、メキシコのお盆にあたるこの時期は町じゅうがカラフルな切り紙の旗、楽しく笑うガイコツ人形や、オレンジのマリーゴールドの花で飾り付けられます。

この『死者の日』、元々は数千年前の先スペイン期の先住民の儀式や風習をルーツにもち、スペイン侵略後のカトリックの普及とともに混合されて、現在のような形になったといわれています。

Miho Nagaya

,,, | メキシコ,中南米・カリブ,現地レポート,観光


気になる国の記事を検索!