> > > エキゾチックな休日。メルボルンで楽しむ中東&東南アジア巡り

,,, | アジア,インド,オセアニア・南太平洋,オーストラリア,ベトナム,現地レポート,観光

エキゾチックな休日。メルボルンで楽しむ中東&東南アジア巡り

Oct 30th, 2014

できれば色んな国に行きたい。でも、長期間休むのは難しい・・・。そんな思いをしている旅人のみなさん!メルボルンに来れば、東南アジアや中東の雰囲気を楽しめてしまうのをご存じでしたか?今日は、移民の街メルボルンで過ごすエキゾチックな1日をご紹介します。

エキゾチックな休日。メルボルンで楽しむ中東&東南アジアめぐり

まずはベトナムへ


メルボルンの中心地から、電車に揺られて西へ約5km。目指すは、メルボルン有数のベトナム人街Footscray(フッツクレイ)です。下車してすぐに気が付くのは、街行く人びとの多国籍さ。ベトナム人街として有名ですが、最近はアフリカ系や中東系移民の姿も多く見られます。

エキゾチックな休日。メルボルンで楽しむ中東&東南アジアめぐり ©Sae

キッチン用品や雑貨を売るお店。アク取りお玉から土鍋、そしてホウキまでなんでも揃います。お値段が安いのも魅力的。こうしたアジア系商店の特徴は、バケツなどのプラスチック製品が山のように売られていること。100円均一のオーストラリア版、3ドルショップもよく見かけます。

エキゾチックな休日。メルボルンで楽しむ中東&東南アジアめぐり ©Sae

こちらは東南アジア食材を取り扱うお店。コリアンダーなどの野菜はもちろん、インスタント食品やアイスクリーム、そして缶ジュースも豊富に揃います。東南アジアで食べた、忘れられないあのお菓子も、ここなら見つかるかもしれませんね。

Footscray Market(フッツクレイ・マーケット)は、新鮮な成果や精肉が安く手に入る市民の台所。至るところにベトナム語表記が見られ、気分は完全にベトナムです。

ベトナム料理といえばフォーですよね。お店にもよりますが、お値段は1杯8ドルからと良心的!本場の味が楽しめるとあって、様々な国籍のお客さんで賑わいます。

Sae

,,, | アジア,インド,オセアニア・南太平洋,オーストラリア,ベトナム,現地レポート,観光


気になる国の記事を検索!