> > ジャパンクオリティ炸裂!外国人も大絶賛の美しすぎる「カニカマ」

,,,, | グルメ,ショッピング,現地レポート,豆知識

ジャパンクオリティ炸裂!外国人も大絶賛の美しすぎる「カニカマ」

Nov 6th, 2014

SushiやSashimi、Edamameなど、何かと海外で人気の日本食。実はカニカマも海外でよく食べられているって知っていましたか?今回はそんな、海外でも注目される「カニカマ」のお話です。

世界初のカニカマ、どうやって誕生したの?


世界で初めてカニカマが誕生したのは1972年のこと。日本の老舗のねり物製造メーカースギヨから生まれたのが始まりです。じつは、この世界初のカニカマ、なんと人工クラゲを開発する過程での、失敗作から生まれた偶然の産物だったそう!失敗は成功の母、とはまさにこのことですね。


ジャパンクオリティ炸裂!外国人も大絶賛の美しすぎる「カニカマ」
世界初でもあり、日本初の元祖カニカマ「かにあし(かに風味かまぼこ)」(写真提供:スギヨ)

話題の美しすぎるカニカマ「香り箱」


初めてカニカマが誕生してから40年以上、なんとまだまだスギヨはカニカマ作りを追求し続けていました。その飽くなきものづくり精神で完成したのが、「香り箱」(別名:かにちゃいまっせ)。リアルすぎるカニカマとして、テレビ番組などでも話題になりました。

ジャパンクオリティ炸裂!外国人も大絶賛の美しすぎる「カニカマ」


そこで、実際どれくらいリアルなカニカマなのか、本物と比べてみました。


ジャパンクオリティ炸裂!外国人も大絶賛の美しすぎる「カニカマ」
こちらは本物のカニ。

ジャパンクオリティ炸裂!外国人も大絶賛の美しすぎる「カニカマ」
そしてこれが香り箱。ここから湯気が立ちこめれば、カニしゃぶに見えてしまうかも!


ジャパンクオリティ炸裂!外国人も大絶賛の美しすぎる「カニカマ」
カニ繊維の流れとほぐれ感が素晴らしい。食べてみると、味はもちろんカニカマなんですが、食感は本物のカニに似ている感じが。

見た目といい、食感といい、「香り箱」は確かに今までのカニカマの概念を覆しています。

米田ロコ

,,,, | グルメ,ショッピング,現地レポート,豆知識


気になる国の記事を検索!