> > 【古いは美味しい?】知っておきたい、ワインにまつわる3つの誤解

,,,, | グルメ,豆知識

【古いは美味しい?】知っておきたい、ワインにまつわる3つの誤解

Nov 18th, 2014

「ワインの質がよいのは、スクリューキャップよりもコルク」「高級なものほど美味しい」といった、ワインにまつわる噂を耳にしたことはないでしょうか? 

でもそれってホントなの? 

知っておきたい、ワインにまつわる3つの“誤解”

米オンライン版書籍「Ten Wine Myths Debunked – For Dummies」と英高級スーパー月刊誌「Waitrose Kitchen」を参考に、ワインにまつわる「誤解」を解明していきたいと思います。

スクリューキャップ vs コルク


ワイン選びの際に、スクリューキャップかコルク樫の栓か、気にしたことはありますか? なんとなくコルクの方が高級そうに思えるけれど・・・。

知っておきたい、ワインにまつわる3つの“誤解”

これはワインの種類により、コルクを使い分けているためです。例えば熟成により味わいが深まるボルドーワインには酸素を通す天然コルクを、爽やかな味が身上のニュージーランド産ソーヴィニョン・ブランには酸素の接触を最小限に抑えるスクリューキャップを採用するといった具合です。

優れたワインに定評のあるニュージーランドの場合、現地で生産されるワインのほとんどにスクリューキャップを採用しています。「コルク栓の方が好ましい」とされていた時代もありましたが、現在は作り手の好みを反映しているようです。

sweetsholic

,,,, | グルメ,豆知識


気になる国の記事を検索!