> > > 奇想天外、酷評もあり!?斬新すぎるオーストラリアの最新建築3つ

,,,,, | オセアニア・南太平洋,オーストラリア,観光

奇想天外、酷評もあり!?斬新すぎるオーストラリアの最新建築3つ

Dec 9th, 2014

オーストラリアと言えば、シドニーのオペラハウスを思い浮かべる人も多いかと思います。ヨットの帆が幾重にも折り重なったかのような印象的なデザインは、一度見たら忘れられません。実は、オーストラリアには、まだまだ斬新な建築物が沢山!今日は、見る人に強烈なインパクトを残す、オーストラリアはメルボルンの最新建築をご紹介します。

奇想天外!?斬新すぎるオーストラリアの最新建築
Iconic Federation Square ©Neale Cousland/Shutterstock.com

フェデレーション・スクエア


オーストラリア第二の都市メルボルン。「世界一住みやすい街」にも選ばれ、ヨーロッパを思わせる町並みが美しい街です。そんなメルボルンの奇妙な建物を見に、まずはフェデレーション・スクエアへ向かいましょう。

奇想天外!?斬新すぎるオーストラリアの最新建築
©Neale Cousland/Shutterstock.com

フェデレーション・スクエアと言えば、こちらの建物。SBSという放送局などが入っています。見る人によっては、「廃材の寄せ集めみたい」だとか、「解体に失敗したみたい」など散々な評価・・・。

奇想天外!?斬新すぎるオーストラリアの最新建築
©Neale Cousland/Shutterstock.com

2002年に建設されましたが、2009年には「世界の醜い建物トップ10」の第5位に選出された実績を持ちます。こちらのデザインは、鉄骨が絡み合って、非常に男らしい印象。

奇想天外!?斬新すぎるオーストラリアの最新建築
©Bernhard Richter/Shutterstock.com

メルボルンのランドマーク的存在である、フリンダース駅の目の前という抜群のロケーションだけに、良くも悪くも注目を集めるのかも知れません。週末には、大道芸人と見物人で大いに賑わい、スポーツのパブリックビューイングも開催される、もはやメルボルンになくてはならない存在です。

AAMIスタジアム


来年2015年1月にオーストラリアで開催される、サッカーアジアカップ。日本からも多くのサポーターが訪れると予想されていますが、メルボルンでの試合が行われるのが、こちらのAAMI(エイミ)パーク。正式名称は、Melbourne Rectangular Stadium(メルボルン・レクタンギュラー・スタジアム)と言います。

奇想天外!?斬新すぎるオーストラリアの最新建築
©e X p o s e/Shutterstock.com

2010年に建設が終了したばかりの、まだ新しいスタジアムです。レクタンギュラーとは、長方形の意味。メルボルンの中心地から1kmの抜群のアクセスで、サッカーの他に、ラグビーやコンサートも行われています。

この建物の一番の特徴は、三角形のパネルの組み合わせ。そしてBio-Frame Roof(バイオ・フレーム・ルーフ)と呼ばれる、軽量のスチールを用いたドームのデザインです。その姿は、空に浮かぶ雲のようにも見えます。

こちらのスタジアムが最も輝くのは、陽が落ちてから。青からピンク、紫から赤へと、様々な装いを見せてくれます。その姿は、遠目から見ると非常に幻想的。アジアカップ観戦に訪れたら、ぜひその様子を写真に収めたいものです。

RMIT大学


オーストラリアは、海外から多くの留学生が集まることでも有名。そんな世界各国から学生が集まる大学でも、オーストラリアのデザイン魂は健在です。
こちらはRMIT大学の棟のひとつ。緑を大胆に用いたデザインで、街ゆく人々の注目を集めます。右下の緑の塊は、そら豆を連想させるデザイン・・・。壁面には、いくつもの立方体が踊ります。

奇想天外!?斬新すぎるオーストラリアの最新建築
©TK Kurikawa/Shutterstock.com

ツンツン尖ったような印象を受ける、Building 80と呼ばれる棟。こうして見ると、オーストラリアのデザインは三角形や長方形などを組み合わせる、という特徴があるようにも思えます。

大自然とグルメの国というイメージの強いオーストラリア。でも、街を歩けば、そこかしこで日本では見られないような、斬新なデザインの建物に出会えることでしょう。


[Federation Square]
[AAMI Park]
[RMIT University]
[Photo by Shutterstock.com]

Sae

,,,,, | オセアニア・南太平洋,オーストラリア,観光


気になる国の記事を検索!