> > > 外国人はどう過ごす?ヨーロッパのちょっと変わった大晦日の過ごし方

,,,,,,,,, | イギリス,イタリア,オランダ,グルメ,スペイン,ヨーロッパ,豆知識

外国人はどう過ごす?ヨーロッパのちょっと変わった大晦日の過ごし方

Dec 27th, 2014

国によって様々?!大晦日・新年の過ごし方、ヨーロッパ事情

日本ではクリスマスはカップルのためのお祭りといったイメージがありますが、大晦日ともなると、大好きな友人皆でパ~っと盛大に過ごされる方が多いかと思います。そんな大晦日も、国によって様々。今回は少しかわった、世界の大晦日の過ごし方をリストアップしてみました。

イタリア:大晦日は赤い下着でセクシーに?!


国によって様々?!大晦日・新年の過ごし方、ヨーロッパ事情

「赤」という色はイタリアでは力、精神、健康、豊かさの象徴とされており、なんとローマ帝国の初代皇帝アウグストゥス時代から新年に身にまとう習慣があったそうです。(朝日新聞より)

この習慣は今も残っており、赤の下着を身につけて大晦日を過ごす人がたくさんいます。国中がセクシーになるわけです。(笑)

豆が「福」と「金運」を呼ぶ


国によって様々?!大晦日・新年の過ごし方、ヨーロッパ事情

イタリアでは大晦日に食べるメニューの代表に、コテキーノという豚肉から作られたソーセージのレンズ豆添えがあります。コラーゲンたっぷりのコテキーノにお供するお豆。そうなんです、イタリアでもお豆は「福」を呼ぶ他、金運アップの象徴と考えられています。

肉と豆とセクシーな下着・・なんだかイタリアの大晦日、無敵です!

スペイン:幸せの12粒


国によって様々?!大晦日・新年の過ごし方、ヨーロッパ事情

スペインでは、新年を迎える時間に12粒のぶどうを食べる習慣があるそうです。どうしてぶどうなの?という疑問がでてきますよね。1909年にぶどうが大豊作で余ってしまったので、当時のぶどう農家が「好運を呼ぶ12粒のブドウ」と称して人々に振る舞ったのが始まりという説が有力なようです。(AB-ROADより)

過去のちょっとした出来事が国の習慣そのものになる、本当に世の中には面白い事が溢れていますね。

オランダ・新年寒中水泳


国によって様々?!大晦日・新年の過ごし方、ヨーロッパ事情
©hans engbers/Shutterstock.com

ヨーロッパ北部の国、オランダでは、なんと新年寒中水泳を行う人がたくさんいるそうです。Holland.comによると、毎年約25.000人の人が水に飛び込むそうです。見ているだけで風邪を引きそうです。(笑)

水の問題と何百年も前から関わってきたオランダならではの行事なのかもしれませんね。

イギリス・ロンドンテムズ川 大晦日花火大会&ニューイヤーズパレード


国によって様々?!大晦日・新年の過ごし方、ヨーロッパ事情
©WH CHOW/Shutterstock.com

イギリスの首都、ロンドンでは毎年大晦日にテムズ河沿いで盛大な花火大会が行われます。

国によって様々?!大晦日・新年の過ごし方、ヨーロッパ事情

光輝くビックベンと花火のコラボレーション、一年を最後を締めくくるにふさわしい豪華な演出です。

国によって様々?!大晦日・新年の過ごし方、ヨーロッパ事情
©WH CHOW/Shutterstock.com

また、新年にはニューイヤーズパレードが行われます。賑やかなパレードを楽しんだ後はパブで新年の一杯目をゴクリ!

国によって異なる、大晦日、新年の過ごし方。年末年始に旅行を予定されている人は、現地のスタイルで賑やかにお祝いするのも楽しそうです。


[All Photo by Shutterstock.com]

Yoko

,,,,,,,,, | イギリス,イタリア,オランダ,グルメ,スペイン,ヨーロッパ,豆知識


気になる国の記事を検索!