> > > 【日本初上陸】現代アートの鬼才「ガブリエル・オロスコ展」

,,,,,,, | メキシコ,中南米・カリブ,東京都23区,観光,豆知識,関東

【日本初上陸】現代アートの鬼才「ガブリエル・オロスコ展」

Feb 22nd, 2015

革命的芸術家ガブリエル・オロスコの国内美術館での初個展が開催中


メキシコ東部ベラクルス州ハラパ出身の現代美術アーティスト、ガブリエル・オロスコ(1962〜)。1990年代より国際的に脚光を浴び、ニューヨーク近代美術館、テート・モダン、グッゲンハイム美術館など、世界の主要美術館で大規模な個展を行ってきました。現在はニューヨーク、パリ、メキシコシティを拠点にしながら、一所にとどまることなく、世界各地で制作活動を続けています。

路上に打ち捨てられたようなもの、当たり前に使われている日用品などから、宇宙的な時間や、世界の起源を読み取らせるかのような作風は、現代美術界に多大な影響を与えています。

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
ガブリエル・オロスコ《La DS カーネリアン》2013年 変形した車 (C)東京都現代美術館

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
ガブリエル・オロスコ《ピン=ポンド・テーブル》1998年 変形卓球台、卓球ラケット、ボール、水槽、ポンプフィルター、蓮 金沢21世紀美術館 蔵 (C)東京都現代美術館

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
ガブリエル・オロスコ《私の手は私の心臓》1991年 チバクローム2点組 (C)東京都現代美術館

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
ガブリエル・オロスコ《コモン・ドリーム》1996年 チバクローム (C)東京都現代美術館

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
ガブリエル・オロスコ 《猫とスイカ》1992年 タイプCプリント (C)東京都現代美術館

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
ガブリエル・オロスコ 《無題》 2001年 グァッシュ/航空券 フーメックス財団蔵 (C)東京都現代美術館

そんな彼の日本の美術館での初個展が、東京都現代美術館にて2014年1月24日より開催中の、『ガブリエル・オロスコ展—内なる複数のサイクル』です。立体、写真、キャンバスといったさまざまな作品が展示されています。日常的に世界を旅をしながら生みだされたオロスコ作品の数々が、日本で一堂に会する貴重な機会です。

[東京現代美術館/ガブリエル・オロスコ展-内なる複数のサイクル]

オロスコの独特な世界に触れたら、彼の生まれ育ったメキシコに興味を持つ人も多いことでしょう。ここでは、オロスコと深く関わりのあるメキシコの3スポットを案内していきましょう。

オロスコの作品がある先鋭的図書館(メキシコシティ)


メキシコを代表する現代建築家のアルベルト・カラチが設計した、メキシコシティの市立バスコンセロス図書館は、アメリカの建築雑誌Architectural Recordで、「世界でもっとも先鋭的でモダンな図書館」と評されています。

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
メタリックな書庫がシンメトリーに並ぶ図書館 (C) Kae Kihara

その圧巻の風景のなかに浮かぶ、オロスコの手がけたオブジェが『Matrix Movil』です。

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
正面玄関からすぐの場所にあるのが、『Matrix Movil』 (C) Kae Kihara

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
『Matrix Movil』は図書館の重要なアイコンにもなっている (C) Kae Kihara

恐竜なのか、鳥なのかもわからない、不思議な生き物の骨格と、未来的な図書館の風景が融和し、新鮮な感覚を呼び覚まします。

[Biblioteca Vasconcelos]

オロスコが関わる現代アートギャラリー(メキシコシティ)


オロスコと、仲間のアーティストたち(ホセ・クリ、モニカ・マンスット)によって生まれたアートギャラリーが、Kurimanzutto(クリマンスット)です。

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
メキシコの巨匠建築家アルベルト・カラチによって建てられた Kurimanzutto (C)Kurimanzutto 

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
Kurimanzuttoギャラリー内部 (C)Kurimanzutto 

バスコンセロス図書館を手がけた建築家アルベルト・カラチによって建てられ、メキシコシティのチャプルテペックの森近くにある、閑静な住宅街のなかにあります。内外のアーティスト作品の展示を行い、メキシコの現代アート界を刺激し続けています。

[Kurimanzutto(クリマンスット)]

オロスコのアイデアから生まれた、普遍的な家(プエルト・エスコンディード)


メキシコ南部オアハカ州の太平洋側の都市、プエルト・エスコンディード。ビーチリゾートとして有名なこの場所に、オロスコのアイデアから生まれ、建築家のタチアナ・ビルバオとカルロス・レギサモが手がけた別荘『カーサ・オブセルバトリオ(天文台の家)』があります。

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
壮大なスケールを感じる『カーサ・オブセルバトリオ』 (C)Iwan Baan

屋上に設置された大きな円形のプールのある建物と、目の前に広がる海や崖、生い茂る植物の緑が美しく調和しています。

世界文化遺産に登録されるインド・ジャイプールの天文台「ジャンタル・マンタル」の実物大レプリカでもあるこの家は、オロスコの宇宙へかける想いまで伝わってくるようです。

http://youtu.be/iPZ_4lYjMhs

ブラジルの建築雑誌AUのために制作された映像では、ジャンタル・マンタルと、 カーサ・オブセルバトリオが比較されています。

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
コンクリートや木を使い、シンプルな構造 (C)Iwan Baan

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
プールの下にはベッドルームなどのスペースが (C)Iwan Baan

現代アートの鬼才、ガブリエル・オロスコ作品を日本とメキシコで楽しむ
夜のライトアップされたプールも素敵 (C)Iwan Baan

この別荘は残念ながら一般公開されていませんが、一度このプールに浸かってみたいものですね。

Miho Nagaya

,,,,,,, | メキシコ,中南米・カリブ,東京都23区,観光,豆知識,関東


気になる国の記事を検索!