> > > 文化の違いが面白い!NY地下鉄車内の広告

,,,,,,, | アメリカ,グッズ,北アメリカ,観光,豆知識

文化の違いが面白い!NY地下鉄車内の広告

May 14th, 2015

ニューヨーカーにとって地下鉄は切り離せないほど、生活に密着したものです。ほとんどのニューヨーカーは、通勤や通学、遊びに行く時も、地下鉄を利用します。その地下鉄車両内で目にする広告は、ニューヨーカーの生活を伺い知ることができて、興味深いですよ。

地下鉄内でのマナーを守ろう キャンペーン

現在目につく広告が、“COURTESY COUNTS”という、地下鉄内でのマナーを守ろうというもの。
ニューヨーカーであれば、「コレ、どうにかしてくれない」と思っているストレスのもとが、マナーの低下なのです。

私の横で、ブレイクダンスしないで!

NYC subway break dance

ツーリストにとっては新鮮かもしれない、車両内でのポール(手すり)を使ったダンスも、一般乗客にとっては大迷惑。自分の座っているすぐ横の手すりで、バタバタやられた日には、危険きわまりないのです。ダンスをしているティーンエイジャーは、チップ稼ぎが目的で、乗客の安全はまったく考えていません。

「手すりは安全のためであって、あなたの日課のためではない。地下鉄車両は、ショータイムの場所ではありませんよ。」と促しています。

NY地下鉄車内の広告が面白すぎる
(C)Sara Aoyama

国際都市は、言語表示も多彩

多国籍都市NYCでは,言語表示も多彩。英語の他、NYC人口の多数を占める2大言語、スペイン語、中国語の表記は多いです。残念ながら、日本語はありませんね。

NY地下鉄車内の広告が面白すぎる
(C)Sara Aoyama

NYC地下鉄の現状

ニューヨーカーなら思わず苦笑する、「いるいる、こういうヤツ!」という動画。レディーファーストの国のはずが、どこかの国のオジサンのように、女性を押しのけて乗車するなど、著しいマナーの低下にガッカリ。

25 Types of People on the Subway

キャンペーンは、すかさず売り物になっている

キャンペーンの広告がTシャツやマグカップにも!すかさずグッズになるあたり、商魂たくましいですね(笑)。この広告の効果が出たのか、最近は足を広げて座る人、車内での飲食が減ったかもしれません。

ストレージルームの広告

ストレージルームとは、家に収容出来ない荷物を預ける、物置の場所。

「妻も子供も好きだけど、何よりも自分のストレージルームを愛しているんだ。」

さまざまウィッグに、ドレス、メイクアップ用品の秘密の部屋。自分の夫は会社で連日残業のはずが、こんな場所で違う人間になっていたら?

NY地下鉄車内の広告が面白すぎる
(C)Sara Aoyama

ユーモアで惹き付ける広告

「週末でも、無制限でプレイ出来ますよ。」

【Bottomless(ボトムレス)】に、「無制限」と、「下半身着衣なし」の意味をかけたシャレの効いたボウリングの広告。思わず目が惹き付けられます。

NY地下鉄車内の広告が面白すぎる
(C)Sara Aoyama

技術専門学校の広告

機械工や水回りの修理、工事現場などブルーカラーの仕事は、意外にもNYCでは高収入。
ライセンスさえあれば、自宅でも開業可能。チップも見込めるので、一般のオフィスワークより稼ぎが良いほどです。

NY地下鉄車内の広告が面白すぎる
(C)Sara Aoyama

落ち込んでいるニューヨーカーも実は多い

仕事漬けの日々、競争社会で、ストレスの多いニューヨーカー。弱みを外に出さない分、抱え込む部分も多いのです。

NY地下鉄車内の広告が面白すぎる
(C)Sara Aoyama

マットレスの広告

自由の女神が寝ても大丈夫なほど、丈夫ってことですね。イラストが可愛くて、アイデアも好き。

NY地下鉄車内の広告が面白すぎる
(C)Sara Aoyama

ニューヨーカーの心を慰めてくれる広告

生活に追われ続ける日々、ふと目をやった広告で心癒されることもあります。
詩は、Poetry Society of America(アメリカ詩協会)によるもの。

NY地下鉄車内の広告が面白すぎる
(C)Sara Aoyama

アーティストの街だから

NYCらしい生き生きしたイラストに出逢えます。これは、NYCならではの醍醐味。

NY地下鉄車内の広告が面白すぎる
(C)Sara Aoyama

ストレスを感じるものの、愛すべき地下鉄。ただ乗車しているだけでなく、あたりを見回してみると、ニューヨーカーの生活を感じることが出来ますよ。

青山 沙羅

,,,,,,, | アメリカ,グッズ,北アメリカ,観光,豆知識


気になる国の記事を検索!