> > 子どもの頃とは違う、30代からの親しい友達の作り方

,,,,,,, | 豆知識

子どもの頃とは違う、30代からの親しい友達の作り方

Jun 13th, 2015

楽しい時間を共有するだけでなく、辛いときには力になってくれる友達は、いくつになっても大切な存在です。子どもの頃や学生時代にはたくさんいた友達も、今ではSNSを通じての交流ばかり。社会人になってからは、仕事関係で出会う人たちとの付き合いがほとんど、という人も多いかもしれませんね。

いくつになっても大切、30代からの親しい友達の作り方

趣味や話の合う人、職種を超えた人との出会いは、視野を広げてくれるはず。より一層充実したプライベートライフを過ごすべく、大人になってからの友人について考えてみたいと思います。 

大人になってからの友達、学生時代とどう違う?

学生時代は同等だった友人関係も、社会に出ることで状況は変わってきます。アメリカ駐在員として活躍中のアイツと、未だに役職のない自分。結婚している友人と、独身のわたし。

久しぶりに同窓会に顔を出したら、まず確認することは「どんな仕事をしているか」「結婚しているか」「子供はいるか」だったりしますよね。そのときお互い密かに心の中で勝敗を感じていることも。環境やライフスタイルの変化により、話が噛み合わなくなることもあるでしょう。

いくつになっても大切、30代からの親しい友達の作り方

しかし、大人になってから出会った友達は、そういったしがらみもないため、過去を振り返らずに付き合えるのが魅力。今の自分と価値観が近く、仕事や趣味などで共通の話題があれば話も弾みますし、共感できることも多いはずです。過去のしがらみがない分、今抱えている悩みなども割とすんなり話せるし、新しい友人を通して、さらに交友関係が広げられるメリットも。

家族やパートナー以外にも、飾らない今の自分を受け入れてくれる友人がいたら、心強いと思いませんか?

sweetsholic

,,,,,,, | 豆知識


気になる国の記事を検索!