> > いつも定時に帰る人だけが実践している賢い時間の使い方10

,,,, | 豆知識

いつも定時に帰る人だけが実践している賢い時間の使い方10

Jun 30th, 2015

毎日頑張って働いているのになぜかいつも仕事が終わらない・・・と毎日忙しく働く私たちは誰でも悩んだりするものですよね。
時間だけは誰にも平等に与えられたものだからこそ、きちんと有効に使いたいものです。

そこで今回は、数々の仕事をこなしながらも、毎日定時に帰るような超生産的な人が実践している「時間の使い方」をご紹介したいと思います。

時間の使い方1:同じ物事に二度対処しない

いつも定時に帰る人だけが実践している賢い時間の使い方

時間の使い方がうまい人は目の前の物事に関して二度対処することはありません。
例えば、メールなどを開いた場合には、一度見たら、保存したりせずにその場で対応して片付けるのです。
後で再確認する無駄な時間が発生しないようにしているわけですね。

時間の使い方2:明日の準備をする

いつも定時に帰る人だけが実践している賢い時間の使い方

明日の準備をすることで、明日やらなければならないことが明確になり時間を有効活用できます。
また、今日やったことを仕事の終わりに確認することもできるので、達成感を味わうことができますし、次の改善点も洗い出すことができるのです。

時間の使い方3:緊急なものと重要なものを明確に分ける

いつも定時に帰る人だけが実践している賢い時間の使い方

仕事をしていると「今すぐお願い!」と緊急なものの対応に追われがちになりますが、時間の使い方がうまい人はそうしません。
目の前の仕事の必要性を見極め、緊急なものでも本当に今必要なのか、誰かに任せられないものなのか? と常に本当に重要なものに対応しようとしているのです。

時間の使い方4:会議のスケジュールにこだわる

いつも定時に帰る人だけが実践している賢い時間の使い方

会社の時間の中で一番無駄になりやすい時間が「会議」です。
そのため、より生産性を高めるために進行のスケジュールを会議が始まる前にメンバーと共有し、無駄な時間にならないようにすることが大切です。

時間の使い方5:「ノー」と言う

いつも定時に帰る人だけが実践している賢い時間の使い方

時間を有効的に使うためには「ノー」とはっきりと言う必要があります。
はじめ「ノー」を言う時には緊張してしまいますが、曖昧な返事をした場合にはその後でそのことについて思い悩んでしまうことがありますよね。
そのことを考えると、きちんとはじめから「ノー」と言った方がお互いに有意義な時間を過ごすことができるようになります。

FUTA

,,,, | 豆知識


気になる国の記事を検索!