> > 夏の季語&飲む点滴。夏バテ防止に冷たい「甘酒」はいかが?

,,,,,,, | グルメ,豆知識

夏の季語&飲む点滴。夏バテ防止に冷たい「甘酒」はいかが?

Aug 11th, 2015 | AOI

甘酒は夏の季語だった!

連日暑い日が続く今日この頃、夏バテには充分気をつけたいところ。とはいえ、夏ってどうにも食欲がわきません。ついつい小食になって、エネルギー不足に・・・。「最近どうも疲れ気味」と思ったら、ぜひ取り入れたい飲み物があります。それが、甘酒です。

甘酒というと、温かい飲み物というイメージをお持ちの方も多いと思います。初詣に行ったときに神社でふるまわれたりもしますよね。しかし、実は甘酒は、夏の季語なのです。

夏の季語&飲む点滴。夏バテ防止に冷たい「甘酒」はいかが?

甘酒が夏の季語になったのは、江戸時代から。それまでは、今と同じように寒い時期に温かくして飲むことが主流だったよう。しかし、やがて夏にも好んで飲まれるようになりました。江戸の町では“甘酒売り”が甘酒釜をかつぎ、「あまーい、あまーい」と触れながら、人々に甘酒を売っていたとか。

夏の季語&飲む点滴。夏バテ防止に冷たい「甘酒」はいかが?

甘酒は、ビタミンB1、B2、B6、葉酸、アミノ酸などの栄養素に加えて、ブドウ糖が大量に含まれているため、エネルギーチャージにはもってこい。今も「飲む点滴」と称されているほどです。江戸時代の人たちは、そのことをよく知っていたんですね。さらに最近では、女性の間で美容によいとの噂も。

次は甘酒を100%楽しむアレンジレシピを紹介。

いろいろアレンジしたい甘酒ドリンク

夏の季語&飲む点滴。夏バテ防止に冷たい「甘酒」はいかが?

まずは、氷を浮かべてシンプルに。温かい甘酒を飲み慣れていると、冷たいだけで新鮮です。

さらに、いろいろな飲み物で割ってもおいしいのが、甘酒ドリンクのいいところ。以前TABIZINEでもご紹介した夏バテにピッタリな牛乳と合わせた「甘酒×牛乳」や「甘酒×無調整豆乳」は、まろやかな口当たりに甘酒の甘さが引き立ちます。さらに、ココアや抹茶パウダーなどを加えて味をつけてもいいでしょう。




さっぱりと飲みたいときは、しょうがやレモン汁を少々入れてみて。「甘酒×飲むヨーグルト」もGOOD! 今流行のグリーンスムージーに加えても合います。おすすめは「バナナ×甘酒」のスムージー。

夏の季語&飲む点滴。夏バテ防止に冷たい「甘酒」はいかが?

食欲がわかない日でも、甘酒ドリンクならするっと飲めて、簡単に栄養補給ができるはず。江戸の人々に習って、甘酒でおいしく夏バテ対策を!

[All Photo by Shutterstock.com]

AOI

,,,,,,, | グルメ,豆知識