> > > 芸術の秋を楽しもう!海外からも注目される日本の美術館7選

,,,,,,,,,,,,, | トレンド,中国,中部,四国,埼玉県,島根県,徳島県,東京都23区,石川県,観光,豆知識,関東,香川県,鳥取県

芸術の秋を楽しもう!海外からも注目される日本の美術館7選

Sep 5th, 2015

立秋を過ぎ、少しずつ秋が近づいてきました。秋といえば「芸術の秋」! この秋はどっぷりとアートの世界に浸かってみませんか?

日本各地に星の数ほどある美術館の中から、海外の人々も注目するユニークなもの7館厳選しました。

森美術館(東京)

「六本木ヒルズ森タワー」の53階に位置する森美術館。現代アートを中心に、建築、写真、ファッションなど国内外の様々な作品が展示されています。なお、美術館の入館料には展望台「東京シティビュー」への入場料も含まれています。森美術館を訪れるのに、特におすすめの時間帯は夜。アートをゆったりと堪能した後は、東京を一望できる夜景パノラマビューを楽しんで。そんな贅沢な大人の夜はいかがですか?

大宮盆栽美術館(埼玉県)

ここ数年、海外でもじわじわと人気が広まりつつある“生きた芸術”、盆栽。小さな鉢の中に壮大な自然の景観がぎゅっと凝縮された盆栽は、まさに日本が世界に誇る伝統芸術です。さいたま市大宮盆栽美術館には時価1億円を超える名品を含む数々の盆栽や盆器、盆栽が描かれている浮世絵など、盆栽に関する様々な歴史的・民族的資料が収集されています。小さな宇宙「盆栽」にじっと目を凝らしてみて。きっと心がだんだん落ち着いてくるのが感じられるはずです。美術館を去る頃には、盆栽の魅力の虜になっていることでしょう。

地中美術館(香川県)

地中美術館は、その名前の通り建物のほとんどが地中に埋められています。安藤忠雄氏が設計した建物の中には、クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が展示されており、作品を照らすのは窓から降り注ぐ自然光のみ。

季節やお天気、時間帯によって刻々と表情を変える作品を楽しむことができる非常におもしろいコンセプトの美術館です。この美術館では作品そのものだけではなく、光、影、時など、一瞬一瞬の空間すべてが作品の一部。アートな空間、瀬戸内海の美しい景色を全身で感じて心の中からリフレッシュしてくださいね。

砂の美術館(鳥取)

芸術の秋を楽しもう!世界も注目する日本の美術館7選
(C) Mami Kosakai

鳥取といえば「鳥取砂丘」が有名ですが、その近くに砂の美術館という砂をテーマにした世界初の美術館が存在します。展示されているのは「砂」でできた彫刻作品「砂像」の数々。砂像のその壮大なスケールや迫力、繊細さに思わず息をのんでしまうことでしょう。展示作品のテーマは毎年異なり、1年のうちの決まった期間にしか目にすることができません。やがて崩れ去り、砂に戻る運命の砂像たち・・・。儚くも美しい砂アートの世界に、きっと魅入られることでしょう。

小坂井 真美

,,,,,,,,,,,,, | トレンド,中国,中部,四国,埼玉県,島根県,徳島県,東京都23区,石川県,観光,豆知識,関東,香川県,鳥取県


気になる国の記事を検索!