> > > 「あの国で、あのとき食べた、あの味」を再現する、軟水と硬水の使い方

,,,,,,,,,,, | イギリス,グルメ,ヨーロッパ,豆知識

「あの国で、あのとき食べた、あの味」を再現する、軟水と硬水の使い方

Oct 5th, 2015

海外旅行先で見つけたおいしい料理。帰ってきてから再現しようと試みたものの、うまくいかなかった・・・。という経験はありませんか? 材料が多少異なるのも理由のひとつかもしれませんが、「水」の存在もあなどれません。

料理や飲み物の味が劇的に変わる!「軟水と硬水」の使い分け

そこで今回は、料理や飲み物の味がアップする「軟水と硬水」の使い分けについて、ご紹介したいと思います。

紅茶は「硬水」で淹れると、本場の味わいに

紅茶の本場イギリスの水は、ミネラル分を含む硬水です。お湯を沸かしたあとの電気ケトル内には、真っ白なカルシウムが残ることも珍しくありません。イギリスの一般家庭では、そんなミネラルたっぷりの水道水で紅茶を淹れています。

料理や飲み物の味が劇的に変わる!「軟水と硬水」の使い分け

国内で美味しい紅茶を淹れるには、水を沸かす際に塩(海塩または岩塩)をひとつまみ加えてみましょう。もちろん硬水のミネラルウォーターを買ってきてもよいのですが、塩の方が安上がり。いつもの紅茶が驚くほどおいしく感じられるはずですよ。

sweetsholic

,,,,,,,,,,, | イギリス,グルメ,ヨーロッパ,豆知識


気になる国の記事を検索!